3D Disto

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto エラーコード

三次元レーザー測定器Leica 3D Distoをご使用中に、
エラーが表示されることがあります。

エラーの種類と対処方法をまとめましたので、
該当するエラーをお確かめの上、対処方法をお試しください。

エラー900は、コード番号もありますので、
お問合せ時には、あわせてお知らせください。

三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto エラー一覧

番号原因/対処方法
150測定範囲を超えています。
測定距離を短くし、再度お試しください。
151測定が無効です。
152測定位置が低すぎます。3D Disto位置の変更するか、またはオフセットツールを使用して下さい。
160両ポイントの測定中は、オフセットルーラー/任意の棒などを動かさずに測定を行ってください。
161場合によっては、オフセット機能は使用できません。
170問題が解決しない場合、3D Distoを再起動してください。
171接続に失敗しました。電源やケーブル等、すべてのデバイス状況を確認し、やり直してください。
240傾斜センサーの校正がうまくいきませんでした。システムの精度に問題がありますので、お問い合わせください。
241変動が大きすぎます。校正を正確にやり直してください。
243装置を安定した所に置きます。3D Distoに触れたり、回転させたりしないでください。校正をやり直してください。
300縦のラインを選択できません。水平線を選択します。
350ポイントが照射できません。投影面をチェックします。
レーザーが正しい位置まで届きませんでした。
755ポイントを測定することができません。別の位置を試してください。
ツールは水平面では機能しません。
760ポイントを測定することができません。別の値を入力してください。
ツールは水平面では機能しません。
765ポイントを測定することができません。別の位置を試すか、
別の値を入力してください。ツールは水平面では機能しません。
800メモリー不足のため、保存できません。
データのインポートまたはエクスポートはできません。
801USBのメモリが不足しています。
802メモリーエラー。ストレージデバイスが適切に動作していません。
803ファイルを開けないか、インポートできない状態です。
ファイルの状態や内容をチェックしてください。
804ファイルが消去できません。ファイルまたはフォルダが書き込み保護されているか、破損しています。
900エラー900は、コード番号もあります。
本表下に別途記載しております “エラー「900」のコード表” をご覧ください。
901反射したレーザー信号が低すぎます。
902反射したレーザー信号が高すぎます。
903バックグラウンドの光が多すぎます。
904レーザー光が中断されました。測定を繰り返してください。
950ロケーションの確認を実行して、正確性を維持してください。
9513D Distoの傾きが3°を超えています。水平に設置してください。
9523D DistoとのWLAN接続を妨害する障害物がないか確認お願いします。場合によっては、3D Distoの位置を移動してください。
953ケーブル接続失敗のため、再接続してください。
954接続が切断されました。ケーブル接続を行うか、
メニューからWLANを選択してください。
9553D Distoの温度が使用範囲を超えました。
9563D Distoが不安定です。振動が多すぎるか、完全に移動してしまっています。再度、レベリングを行ってください。
998チルトセンサーに異常が発生しました。お問い合わせ下さい。
9993D Distoに異常が発生しました。お問い合わせ下さい。
(電源ボタン横のLEDが常時オレンジ色に点灯したままになる)
10105WLAN接続が不安定なため、ファイルが正しく保存されていません。接続を確認し、新しいフォルダにファイルを保存してください。

エラー「900」のコード表

エラー番号「900」は、さらに個別の「コード」があります。
コードごとの対処方法をご確認下さい。

code原因/対処方法
3D Distoセンサーのエラーです。繰り返し出る場合は、お問い合わせください。
2Wifi接続が不安定な時に出るエラーです。機器の不具合ではありませんので、チャンネル変更など、接続の安定性を高める処置を行ってください。

 

  • 画面タップ時とソフトウェアの認識時にタイムラグがあると、発生する。
  • 通常はWiFi 接続不安定だが、画面を連打する、画像の拡大/縮小を短時間で連打、細かな移動を短時間で実施などでも発生する。
  • Wifiが不安定な場合
  • 他の機能の実行時に、新たな機能を起動した出た場合
  • 時々発生する可能性があるが、毎回続くことは通常ない
288測定モジュールの不具合で、測定できません。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
602カメラ不良のため、センサーが正常に作動していません。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
1006何らかの原因により、WLANモジュールが正常な位置になく、WLAN接続ができないエラーです。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
1102何らかの原因により、回転し続けるエラーです。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
2152モーターに異常があります。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
2154モーターの不具合です。症状とともに、お問い合わせ下さい。
2251症状とともに、お問い合わせ下さい。
3251ファインダーモードでスクリーンをタッチすると、3D Distoが全然違う方向に向く。角度によって、画面が上下反転する。
交換になりますので、お問い合わせ下さい。
64000WLANの不具合です。交換になりますので、お問い合わせ下さい。

Leica 3D Disto のエラーに関するお問い合わせ

エラーが表示された場合、まずは上記の対処方法をお試し下さい。
それでもエラーが継続して表示される場合は、以下の情報とともに、ご購入された代理店、または、こちらからお問い合わせ下さい。

・表示されたエラー番号、コード番号
・発生した時の状況
・発生頻度
・Art.NO(品番):赤色のケースに記載
・S/N(シリアル番号):赤色のケース/本体のレーザー回転部に記載

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方は、
下記をご参考になさってください。