D510

Leica DISTO D510 / X4 で使える3種類のアダプターを動画で解説

ライカの屋外向けレーザー距離計 DISTO D510 / X4は、3種類のアダプターが使えます。

アダプターとは、三脚に取り付けて使用するLeica DISTO専用アクセサリーです。
誤差を最小限に抑えるべく本体を安定させ、
ねらいを定めやすい環境を作るために使います。

3種類のどこがどう違うのか?自分に合ったものはどれか?
動画と解説を参考に、最適なものを選んでください!

3種類のアダプター:違いを動画で解説

まずは、こちらからご覧ください。
それぞれの使い方、動作の様子、サイズ感などがわかります。

 

アダプターFTA360: 上下左右に動作 / 微調整ネジ付き

3種類のなかで最もお奨めで、一番売れているアダプターです。
上下・左右に動き、微調整ネジで少しずつレーザー距離計を
動かすことができるため、狙いを定めやすい仕様になっています。

微調整ネジは非常に滑らかに動き、ファンが多いです。

fta360_1

離れた所から、高さや幅などを測るときに使います。
それぞれリンクをクリックすると、動画がご覧いただけます。

ご使用前に、本体の「FUNC」から、アダプターモードを選んでください。

DISTO d510_測定基準

 

アダプターTA360: 上下左右に動作

上記のFTA360同様、上下左右に動かすことができます。
微調整ネジではなく、取っ手を持ってアダプターを動かします。

使用場面は、上記のFTA360と同様です。
TA360 を使っている様子の動画もございますので、リンクをクリックしてください。

 

アダプターLSA360-S : 上下に動作

上下のみ、動かすことができます。三脚のポール部分に取り付けて使用するタイプです。
※LSA360は販売終了し、後継モデルがLSA360-Sです。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。