S910

カーブや傾斜のある場所でも、測定できます!

「カーブの形状、うまく測れる方法ないかな?」
「平らじゃないことが多くて、距離を測るのに困るんだよね…」

現場で測定なさる方から、よく聞かれる声です。

ライカのハンディタイプレーザー距離計の中で、唯一3次元測定ができる DISTO S910は、斜面に沿って測っていくと、1点1点がXYZの座標情報を持った点として記録され、測定結果はCAD図面形式のDXFでPCへ出力できます。

下記は、測定したものが、そのままデータになるイメージです。

disto_s910_dxf

この機能を使って、スロープのある場所を測ってみました。下記動画をご覧ください。

場所: 屋外(晴天・日中)
使用機種: DISTO S910 パッケージ
使用機能: DXFモード

 

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。