3D Disto

Leica 3D Disto : WiFi 接続ができない場合の対処法

三次元レーザー測定器「Leica 3D Disto」をお使いの際に、
WiFi接続がうまくいかない場合の対処法をご案内します。

Leica 3D Disto のWiFi接続の確認方法

ソフトウェア V5.0をご使用の方

Leica 3D Disto 本体の品番(Article No.):844692 / 784357

WLAN接続が安定しない場合は、チャンネル変更をお試しください。

まず、3D Disto本体とPCをケーブルで接続します。
そして、メニュー→デバイス→接続を選びます。

すると、下記ポップアップが出てきますので、「ケーブル」マークを選択します。

 

ケーブル接続ができたら、メニュー→デバイス→WLANチャンネルを選びます。

 

現在、選択されている以外の番号を選び、OKを押します。
自動的にWiFi接続を試みます。接続できれば、そのまま測定作業に入ってください。

 

接続出来ない場合は、その他のチャンネルを1つずつお試しください。
チャンネルを変える際は、ケーブルの再接続をする必要があります。

それでもうまくいかない場合は、ソフトウェアおよび3D Disto本体を再起動させ、
再度お試しください。

 

ソフトウェア V4.0をご使用の方

3D Disto 本体の品番(Article No.):784357

Windows端末とWiFi接続するには、付属のWLAN用USBをお使いください。

USBを挿し、ソフトウェアを起動、3D Distoの電源を入れると、
メニュー→デバイスに、「インターフェース」という項目が新たに追加されます。

その先に「ワイヤレス ネットワーク接続」が2種類(PC内蔵WiFiとUSB WiFi)出てきますので、USBの方を選択してください。

WiFi接続がうまくいかない場合は、ケーブル接続でのご使用をお願いいたします。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。