3D Disto

3D Distoを水平・鉛直方向に回転させる

三次元レーザー測定器 3D Distoは、水平方向に360°、鉛直方向に250°回転することができます。3D Disto本体を手動で回転させることもできますが、角度を0.1°単位で指定して自動で水平回転させることができます。距離ではなく、一定の角度で位置出しをしたいときなどに役立ちます。

回転方法は、5種類あります。

  • 90°左・・・左方向に90°回転
  • 90°右・・・右方向に90°回転
  • 別の角度・・・任意の角度で水平方向に回転。正の値で右回りの方向へ角度を指定します。
  • 水平測定・・・レーザーを水平0°に照射します。
  • 鉛直測定・・・レーザーを3D Disto本体の鉛直上に照射します。

 

あらかじめ、3D Distoを起動後、レベリングまで完了してください。レベリングによって水平面の基準が決まります。

ポイントファインダーモードで、画面右側から「回転コマンド」ボタンを選択します。

下図のようなポップアップ画面が表示されますので、移動したい角度に合わせて選択します。

水平方向へ回転する

水平方向への回転方法は、以下の4種類です。回転前のレーザーが当たっている場所が起点となります。

  • 90°左・・・起点から左方向に90°回転
  • 90°右・・・起点から右方向に90°回転
  • 別の角度・・・任意の角度で水平方向に回転。正の値で右回りの方向へ角度を指定します。
  • 水平測定・・・レーザーを水平0°に照射します。

ここでは、最初の場所から右方向に水平10°回転したいので、「別の角度」を選択、「10」を入力します(左方向に回転したいときは、マイナスの値を入力します)。

元の場所から右方向に10°移動したところに、レーザーが照射されます。

鉛直方向に角度を指定したいとき

ポップアップ画面で「垂直測定」を選択すると、3D Disto本体の直上にレーザー照射します。
3D Distoの仕様上、鉛直方向に角度を指定して回転する機能はありませんが、3D Disto専用ソフトウェアのAPIを編集することで可能になります。APIが必要な方は、お問い合わせページよりご連絡ください。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D DistoやLinoの見積依頼をお考えの方はこちら。