Windowsと使う

DISTO transfer 6.0 へアップデート!

これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた
無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化し、

「Leica DISTO transfer 6.0」としてアップデートしました。

これまでS910のみだった座標情報の取得が、
新製品 DISTO X3 / X4 & アダプターDST360の組合せでも可能になり、2点間距離を計算する機能が追加されました。

一部英語表記だったものも全て日本語化されています。

ダウンロードは、こちらのリンクから「DISTO transfer software for PC」を選択してください。

『DISTO transfer software for PC』を選び、ページ下の『Download』を押してください。

動作環境

  • レーザー距離計 Leica DISTO対応モデル:
    S910, D810 touch, D510(※), X4, X3, D2, D110, D1

※D510:距離計本体からのみ測定可能、自動測定不可

  • 通信環境:Bluetooth 4.0 以上 または WiFi (S910のみ)
  •  PC環境
    • Bluetooth接続の場合:Windows 10
    • WiFi (WLAN) 接続の場合:Windows 7,8,10 ※S910のみ

主な機能

  • 測定距離、傾斜角の値を転送
  • 測定時間の転送
  • 間隔を指定し、自動測定(最短5秒間隔に改定)
  • 測定結果をXYZの3次元座標値として、転送(S910 / X4 / X3)
  • 本体位置を移動し、前後のデータを合致(S910 / X4 / X3)
  • AutoCADへ3次元の図をリアルタイム転送(S910 / X4 / X3)

測定は、レーザー距離計本体のボタンを押してもできますし、D510以外の機種は、ソフトウェアから測定のトリガーをかけることもできます。

データの転送

データの転送先は、Excelやメモ帳などに、リアルタイムで行うことができます。蓄積したデータを、まとめてExcelへ出力することもできます。

【例】X4で測定し、Excel形式で出力したデータ
  • 番号:測定した順番に割り当てられる数字
  • 時間:測定時刻
  • 画像:測定と同時に取得された写真データの有無
  • 距離:DISTO本体からの直線距離
  • 角度:傾斜角(チルトセンサー搭載モデルのみ)
  • V[°]:3次元データのの鉛直角(S910、X3・X4&DST360のみ)
  • Hz[°]:3次元データの水平角(S910、X3・X4&DST360のみ)
  • X[m]:3次元データのX座標(S910、X3・X4&DST360のみ)
  • Y[m]:3次元データのY座標(S910、X3・X4&DST360のみ)
  • Z[m]:3次元データのZ座標(S910、X3・X4&DST360のみ)
  • 精度[mm]:DISTOの仕様による精度
サンプルデータのダウンロード

上図のExcelデータのサンプルをご覧いただけます。下記リンクをクリックするとダウンロードできます。
X4 & DST360を使った3次元座標データ/5秒間隔で自動測定/Excel形式

インターフェース

DISTO transferと接続した機種の画像が表示されるようになりました。画面左下には、接続したDISTOのシリアル番号、ファームウェア・バージョン(S910, X3, X4 のみ)が緑色で表示されます。接続が解除されると、赤色に変わります。

3次元座標情報が取得できるDISTO S910と、 X3 / X4 & アダプターDST360の場合のみ、縮小ウィンドウの状態でも、測定したデータを3D表示で確認できるようになりました。

接続するDISTOの選択

ソフトウェア起動時に、Windowsとペアリング履歴のあるDISTOの一覧が、ポップアップで表示されるようになりました。接続したいDISTOを選ぶことができます。

2点間距離がわかる(S910, X3, X4)

DISTO S910, X3, X4は、測定値を3次元座標値として取得、転送します。複数の場所を測定した後、任意の2点間の距離を知りたいときに、「測定ログ」→「2点間の距離」ダイアログを開きます。選択した2点(Point 1 / Point 2)の距離が「Distance」として表示されます。

資料 V5.0へ改定

本ソフトウェアの使い方に関する資料をアップデートしました。

WLAN接続 (S910のみ)

DISTO S910に限り、WiFiでも「DISTO transfer 6.0」に接続できます。機能はBluetooth版と同様です。WLAN接続は、DISTO S910 のみとなりますのでご注意ください。

下記ページで、WLAN接続で使える機能についてご紹介しています。

最新版「DISTO transfer 6.0」WLAN接続の機能についてレーザー距離計 DISTO S910で測定した値を、3次元座標データとして取得したい場合、Windows端末と専用ソフトウェア「DIST...

接続できないとき

お使いのDISTOが「DISTO transfer 6.0」と接続できないときは、以下の方法をお試しください。

【S910 / X4 / X3 】

DISTO本体のバージョンが最新かどうか: 最新バージョンへファームウェア・アップデートをしてください。機種によってアップデート方法が異なりますので、下記ページをご参照ください。