専用ソフト DISTO transfer

レーザー距離計 Windows PCソフト「DISTO transfer 6.0」の概要

これまで、Bluetooth版 / WLAN版 とに分かれていた
無償ソフトウェア「Leica DISTO transfer」が一本化し、

「Leica DISTO transfer 6.0」としてアップデートしました。

さらに、これまでDISTO S910のみだった座標情報の取得が、
新製品 DISTO X4 / X3 & アダプターDST360の組合せでも可能になり、
2点間距離を計算する機能が追加されました。

一部英語表記だった部分も、日本語化されています。

ここでは、リニューアルしたソフトウェアの概要と、
新しく追加された機能についてご紹介いたします。

動作環境

  • Bluetooth 4.0 以上 または WLAN (WLANはS910のみ)
  • Windows 10 (S910ご使用の場合のみ、Windows 7,8,10)

DISTO transfer の主な機能

Leica DISTO transferでできることを、ご紹介します。
詳しくは、ページ後半にある「資料」にも記載していますので、ご覧ください。

ソフトウェア内に転送・一括出力

disto-transfer_6_log

転送された測定結果は、ソフトウェア「Leica DISTO transfer」へ蓄積されていきます。

測定終了後に、Excel形式で一括出力ができます。
下記リンクをクリックすると、サンプルデータをダウンロードできます。
X4 & DST360を使った3次元座標データ/5秒間隔で自動測定/Excel形式

Excelなどに転送

距離や傾斜角などの測定結果を、Excelやメモ帳などに、
リアルタイムで転送することができます。

Leica DISTO S910 / X4 & DST360 / X3 & DST360 は、
XYZの3次元座標値も取得可能です。

  • Excelをよく使う場合は、ソフトウェアの起動と同時にExcelを自動的に起動させることもできます。
  • たまったデータをまとめてExcelに出力することもできます。
  • 一つのセルに(X,Y,Z)全ての座標値を入力したり、タブで区切って1セルずつ入力することも可能です。

カーソルがある場所にデータが転送されますので、
次項でご紹介するように、
Excelに限らず、メモ帳やご使用のソフトウェア内へも、転送できます。

テキストファイル、自社開発ソフトなどに転送

転送先は、Excelに限りません。セルがアクティブになっている場所に転送するので、メモ帳や自社開発のソフトウェアなどにも、送ることができます。下記は、テキストファイルにデータを転送した例です。

ソフトウェアから測定

測定は、レーザー距離計本体のボタンを押してもできますし、
ソフトウェアから測定のトリガーをかけることもできます。

※ Leica DISTO D510では、出来ません。他のモデルをご検討ください。

間隔を指定し、自動測定

disto-transfer_6_interval

最短5秒間隔で、自動測定が可能です。
間隔は自由に設定でき、数時間続けることも可能です。

「下記の間隔で測定開始」にチェックを入れると、自動測定が始まります。

※ Leica DISTO D510では、出来ません。他のモデルをご検討ください。
※ 以前は、5秒以下の間隔も設定できましたが、V6.0ではできません。

転送するデータを選ぶ(応用編)

転送するデータの種類や、その表示順を設定することができます。「送信」タブ→「データ形式の変更」から行います。

転送したいデータを一覧からダブルクリックで選択します。

  • 「##」(シャープ2つ)でデータを区切ることができます。
  • 「Tab」を入れると、データごとにTab区切りで入力されます。
  • 「Return」を入れると、転送完了時に改行します。

フリーステーション

1箇所からの測定で、すべての点を測れない場合、DISTOを動かす必要があります。その際、本体位置を移動しても、前後のデータを合致させる機能「フリーステーション」があります。

対応機種: Leica DISTO S910, X3, X4

「測定ログ」→「フリーステーション」から、ソフトウェアのガイダンスに従ってください。移動前に測定した点のうち、移動後の基準点にしたい点を選択して、測定します。

AutoCADへ3次元の図をリアルタイム転送

AutoCADが入ったPCを現場に持ち込める場合は、画面で3Dのリアルタイム描画が可能です。ソフトウェア Leica DISTO transfer 6.0が、AutoCADのプラグインソフトとして動作します。

対応機種: DISTO S910, X3, X4

DISTO transfer V6.0 新機能

接続機器を画像表示

DISTO transferと接続した機種の画像が、表示されるようになりました。
画面左下には、接続したDISTOのシリアル番号、
ファームウェア・バージョン(S910, X3, X4 のみ)が緑色で表示されます。

接続が解除されると、赤色に変わります。

測定結果を3Dビュー表示

3次元座標情報が取得できるDISTO S910と、 X3 / X4 & アダプターDST360の場合のみ、縮小ウィンドウの状態でも、測定したデータを3D表示で確認できるようになりました。

接続するDISTOを選べます

ソフトウェア起動時に、Windowsとペアリング履歴のあるDISTOの一覧が、ポップアップで表示されるようになりました。接続したいDISTOを選ぶことができます。

2点間距離を計算・表示(S910, X4, X3)

Leica DISTO S910, X4, X3は、測定値を3次元座標値として取得/転送します。

複数の場所を測定した後、任意の2点間の距離を知りたいときに、
「測定ログ」→「2点間の距離」ダイアログを開きます。

選択した2点(Point 1 / Point 2)の距離が「Distance」として表示されます。

ソフトウェアのダウンロード

下記ページの下にある『Download』ボタンを押してください。

ソフトウェアのダウンロード

資料のダウンロード

本ソフトウェアのBluetoothでの使い方資料を、V6.0へアップデートしました。

WLAN接続 (S910のみ)

DISTO S910に限り、WiFiでも「DISTO transfer 6.0」に接続できます。
機能はBluetooth版と同様です。

下記ページで、WLANでの使い方をご紹介しています。

Bluetooth接続がうまくいかない場合

お使いのDISTOが「DISTO transfer 6.0」と接続できない時は、
ソフトウェアの再起動、DISTO本体の電源オフの上、再度お試しください。

以下の機種は、DISTO本体のファームウェアが最新かどうか、ご確認ください。
最新でない場合は、アップデートをお試しください。

上記をお試しいただいても解決しない場合は、お問い合わページよりご連絡ください。

その際は、症状のご記載と、エラーが出ている場合は、
スクリーンショットを添付いただけると、より具体的なアドバイスができます。

製品のご購入について

レーザー距離計DISTOシリーズは、ホームセンターをはじめ、
インターネットや家電量販店でお取扱いがあります。

また、企業で購入される場合は、機械工具・計測機器関係の商社、
測量機器の代理店でもお取扱いがございますので、
御社のお取引企業へお問い合わせください。

レーザー距離計の在庫やデモ機がある店舗、
3D Distoやレーザー墨出し器Linoの見積依頼をお考えの方はこちら。