3D Disto

3D Disto:曲面への位置出し

3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定に加えて、墨出し(位置出し)ができます。「プロジェクター機能」として搭載されており、レーザーを壁や床に投影することができます。

プロジェクター機能には、二通りの方法があります。

  1. 格子状や網目状の一定間隔でレーザー照射する(平面のみ)
  2. CADデータを作ってインポートし、任意の場所にレーザー照射する

床や天井など平坦な面に位置出しする際は、上記2通りの位置出しができます。

一方で、トンネルの内壁や、ドーム状の天井など、曲面への位置出しをする場合、1の方法では、レーザーを投影することはできても、点と点の間隔は一定になりません。

そこで今回は、曲面に対して「入力データを使って、レーザー照射する」方法を詳しく解説します。たとえば、こんなときに役立ちます。

  • 円形のトンネルの内壁に、マーキングしたい。
  • CADで作成したデータを、ドーム状の天井に投影したい。

ここでは、下図のような円筒状の面において、指定した場所(X印のラベル)の座標情報で作成したデータを使って、位置出しします。

目次

1.データのインポート

データの準備

インポートしたいデータを準備します。データ形式は、下記を参考に作成してください。

1.ファイル形式: CSV、DXF ※
2.データ: x- z の2次元データ(点および線のデータ)※※
3.基準線: 現地とデータを合致させるための基準線(または基準点2点)と、可能であれば目印点1点を含むこと
4.データ容量:2MB 以下
5.位置出し点のみのシンプルなデータ

※ 今回は、CSVで作成したデータをインポートして位置出しします。DXFついては、下記リンク先の資料で詳しく解説しておりますので、CADを使われる方はぜひご覧ください。

ご参考:DXFデータついて(ダウンロードできるPDFファイルが開きます。)

※※ 3D Disto で測定したデータは通常、三次元(x,y,z)の座標情報に変換されます。今回は壁面に位置出しをするため、奥行き方向であるY軸の値は入力しません。そのため、X軸(水平方向)とZ軸(高低差)のみのデータを使用します。

ご参考:3D Disto の座標の決まり方

CSVデータは、基準となる点のほか、位置出ししたい点のX座標、Z座標を「;」(セミコロン)で区切っています。X座標が負の数字の場合、表計算ソフトの仕様でエラーが出ることがありますので、入力するときは数字の先頭に「’」(シングルクォーテーション)を入れてください。

データのインポート

データをソフトウェアにインポートします。デスクトップには、3D Distoソフトをインストールした際に2種類のショートカットが出来ています。

3D Disto : 3D Disto本体を操作するソフトウェア
3D Disto Data : データをインポート/エクスポートするためのファイルフォルダ

 

「3D Disto Data」アイコンをクリックし、「Import」フォルダを選択します。

インポートしたいデータを「Import」フォルダにコピーします。

2.基準点を測定

位置出しをする場所で、基準となる点を2点以上、測定します。位置出しするデータを入れた際に、位置を合わせるための基準となります。

PC上で「3D Disto」アイコンを起動します(ソフトウェア起動)。

3D Disto本体の電源を入れ、PCとWiFiまたはケーブル接続します。そしてレベリング終了を待ちます。

 

今回は壁面に位置出しをするので、「アプリケーション」→「プロジェクタ」で「壁面」を選択します。

壁面で、基準となる2箇所(測点1、測点2)をそれぞれ測定します。今回はあらかじめ、3D Disto付属品のターゲットシールを貼っています。

測点1に照準を合わせたら、PC画面の左側にある赤いボタン「DIST」を押し、測定します。測点2も同様に測定します。

測定し終わったら、右側の機能一覧で「▽」をタップし、下部にある「チェック」アイコンを選択します。これで基準点が測定できました。

3.データで位置出し

ここからは、測定した基準点にインポートしたデータを合致させて、位置出しの位置を決めていきます。

データの合致

「IMPORT」を選択し、インポートしたいデータのファイルを選択します。

インポートしたデータを確認したい場合は、「目」のアイコンをクリックしてください。測定したデータの単位が一致しているかを確認することもできます。データを確認したら「閉じる」ボタンを押し、「チェック」マークを押します。

画面にデータが表示されます。インポートしたデータは青色、先ほど測定した基準線は灰色です。壁面に位置出しをするために、これらを合致させます。

合致して統合したい点を選択します(黒丸になります)。下図では、黒丸の点が、測点1に統合されます。画面右側の機能一覧から、合致アイコンを選択します。数字(下図では477)は、2点間の直線距離です。

2つのデータが合致したことを確認して「チェック」ボタンを押します。ここから、位置出しの作業に入ります。

ご参考:インポートしたデータと測定したデータの合致作業
今回は合致アイコンのみ使用しましたが、インポートしたデータの向きによって位置を調整することができます。

位置出し

位置出ししたい点を選択し(黒丸)、「DIST」ボタンを押して位置出しします。点は画面左側の「▼▲」を押していくと、順番に選択されていきます。「DIST」ボタンを押すと、選択した位置にレーザーが照射(点滅)されます。

PC画面やマウスでの操作以外に、3D Disto付属のリモコン(下図)で操作することもできます。

選択した場所(「X」印の中心)にレーザーが点滅して位置出しされています。

4.動画

下記動画で、曲面への位置出しの流れをご確認いただけます。

<3D Disto を使った曲面への位置出し(概要)>

<3D Disto を使った曲面への位置出し(実践編)>

平面で位置出しする

下記ページで、床面や天井など、平面への位置出し方法を詳しく解説しております。

<床面に位置出しする方法>

<格子状や網目状の感覚で位置出しする方法>

ピックアップ記事

  1. レーザー距離計 保証プログラムのご案内
  2. Leica DISTO S910 まとめページ
  3. 新登場!レーザー距離計 Leica DISTO Xシリーズ
  4. 2019年版 レーザー距離計の選び方
  5. Leica 3D Disto まとめページ

関連記事

  1. 3D Disto

    3D Disto V5.0 ポップアップ表示不具合の対処法

    3次元でmm単位の高精度測定ができるレーザー距離計 Leica 3D …

  2. 3D Disto

    3D Distoって、どんな製品?

    ライカ レーザー距離計シリーズの中の最高峰『3D Disto』。ハンデ…

  3. 3D Disto

    見えない場所に点を追加する:3D Disto オフセットツール

    三次元レーザー測定器 Leica 3D Disto の測定機能には、レ…

  4. 3D Disto

    3D Distoを水平・鉛直方向に回転させる

    三次元レーザー測定器 3D Distoは、水平方向に360°、鉛直方向…

  5. 3D Disto

    3D Distoで自動測定:オートスキャン機能で線や面を測定する

    ライカ レーザー距離計シリーズの最高峰「Leica 3D Disto」…

  6. 3D Disto

    リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その1~

    改装 / リノベーション時の現地調査に役立つ3次元レーザー測定器 「L…

人気記事 Top 5

最近の記事

DISTO & Lino 総合カタログ

写真から3D計測 BLK3D

アーカイブ

  1. DISTO Plan

    最新アプリ Leica DISTO Plan 概要
  2. 精度

    どれだけ正確に測れる?精度は?
  3. よくある問合せ

    レーザー距離計で測れないもの ~ 水面・ガラス・鏡~
  4. 他の距離計とDISTOを比べる

    レーザー距離計、どのメーカーが正確?
  5. 3年保証

    3年保証、問合せなど、購入したレーザー距離計をサポート!「myWorld」のご案…
PAGE TOP