カテゴリー別アーカイブ: レーザー距離計の選び方

光学ファインダー、デジタルファインダーの違い

レーザー距離計の赤いレーザードットは、日中、外では見えません。そのため、ライカのレーザー距離計には、”デジタルファインダー” を搭載した機種が3つあります。

  • Leica DISTO D510
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

「外ではレーザーが見えない」=「測定できない」

という現実を前提に、ライカでは製品づくりを続けてきました。その答えが、”デジタルファインダー” なのです。

ファインダーと言っても、現在市場には、2種類のファインダーがあります。

  1. デジタル ファインダー
  2. 光学ファインダー

ライカも10年前は、光学ファインダー搭載モデルを販売していました。しかし、下記に記した理由により、デジタルファインダーに切り替えています。

外で測る機種をお探しの方は、”ファインダー” という言葉だけでなく、それが “デジタル” なのか、”光学” なのか、見てみてください。

 

ファインダーは、2種類

現在販売されているレーザー距離計には、デジタルファインダーと光学ファインダーがあります。違いは、何でしょうか。

1.デジタル ファインダー

その名の通り、対象物を画面の上にデジタルで映し出す方法です。画面中央に十字の印 (クロスヘアと呼びます) があり、レーザードットが画面に見えなくても、「そこにレーザーが当たっています」ので、画面を見ながら、ボタン操作をし、測定をすることができます。

下記は、ディスプレイの表示イメージです。

 

2.光学ファインダー

光学ファインダーは、15年程前に採用した古い技術によるレーザー位置視認装置です。簡単に言うと、本体に組み込まれた望遠鏡をのぞきこんで測る方法です。

光学ファインダー “内蔵型” は、下記の写真のように、レーザー距離計側面についているのぞき穴から、対象物を見ます。そして、測定ボタンを押します。

写真でもお分かりのように、無理な体制でのぞきこむ必要がありますが、これでボタン操作をするは至難の技と言えます。これは、15年程前の技術的限界の様子と見ていただければと思います。

※ライカはデジタル化をしていますので、光学ファインダーの販売は、10年弱前に終了しています。

デジタルファインダー、光学ファインダーが開発、実用化されるより前に、発売発売されていたのは、磁石で望遠鏡をレーザー距離計に取り付けるタイプの外付けファインダーです。

高品質レンズを採用しいたため、後に販売される内蔵型よりもはっきり対象物が見え、測定ボタンも出来ると評価の高かったアクセサリーです。

しかし、この取り外し式のアダプターは光学であったことと、落下や紛失リスクが常にあり、光学式ファインダーに切り替わることになりました。

デジタルファインダーと光学ファインダーを比較すると、デジタルファインダーの方が、圧倒的に優位です。理由は、下記3つ。

  • 画面を見ながら測定できるため、使いやすい
  • 測りたい場所がはっきり見える
  • 本体だけ持って行けばよく、携帯性が高い

 

なぜ、デジタルファインダーなのか?

デジタルファインダーは、光学ファインダーの欠点を克服すべく、新たにライカが開発した新技術です。その欠点とは、

  1. 光学ファインダーをのぞきながらのボタン操作はしづらい!
  2. 光学ファインダーでは、結局測りたい場所が見えない!

既に説明した通り、”のぞきながら測定する” ことの大変さは、下記写真が、全てを語っています。光学ファインダーは、本体の側面についています。距離計が横向きになるので、その状態でボタンを押さなければならず、ブレたり、ボタンが押せなかったりします。

もう一つの、”結局測りたい場所が見えない!”というのは、レンズを通して見える範囲が小さく限られているため、屋外では特に、「結局どこなの?」という事態がよく発生するということです。

分かりやすい目印があればまだいいですが、その目印をレンズ内に捉えるにも一苦労…という場合も少なくありません。

一方のデジタルファインダーは、対象物をカラーで画面に表示します。1倍、2倍、4倍までズームでき、カメラモニターのようなイメージです。下記の写真は、DISTO D510のディスプレイ表示の様子です。

DISTO D810 touch / S910 のデジタルファインダーは、画面が大きく(3.2インチ)、解像度も高く、タッチパネル式で、画面のスクリーンショットもできます。

 

ライカはなぜ、ファインダー搭載機を作り続けているのか?

ライカがファインダーモデルを作り続け、何種類もラインナップを揃えているのは、屋外使用が前提とされる測量機器メーカーであることが大きく関係しています。

「外ではレーザーが見えない」=「測定できない」

ではなく、どうしたらできるのか。レーザー距離計は、測量機ではないので、誰にとっても使い勝手がいいツールにするには、どうしたらいいのか。

この試行錯誤の積み重ねが、そのままファインダー進化の歴史となりました。

屋外測定に関する問い合わせは、このようなことが多いです。

・レーザードットが見えないのだが、どうすればいいのか。
・測定範囲が40m (50m…等)の製品なのに、外では測れないのか。
・値段で選ぶべきではなかった… (ライカのデジタルファインダー付きに買い替えるよ。)

 

世界初のデジタル ファインダー

2007年、何度かの光学ファインダー改良の後、世界で初めてデジタルファインダーを搭載した『Leica DISTO A8』を発売しました。

今となっては、白黒のモニター表示に誰も驚かれなくなりましたが、「画面に映る!」「測定が格段しやすくなった!」ということで、長さを測る仕事のワークフローに変化が起こり始めました。

 

世界初のカラー版、デジタル ファインダー

2年後の2009年には、カラー版のデジタルファインダーを搭載した『Leica DISTO D5』『Leica DISTO D8』を相次いで発売しています。

カラーになると、またガラリと見え方が変わり、到底白黒には戻れないというくらいに進化した様子がうかがえます。

このあと、2013年にDISTO D5の後継機種として、解像度が高い現行モデル『Leica DISTO D510』、2014年には初のタッチパネル式レーザー距離計『Leica DISTO D810 touch』が登場し、現在に至ります。

まとめ

レーザー距離計のファインダーには、『デジタルファインダー』と『光学ファインダー』があります。外で使う方には必須のファインダーですが、両者の違いは明らかです。

ホームセンターなどに『Leica DISTO D510』の実機が置いてある場合は、お店の人にお願いし、ぜひ外に出て測ってみてください。(無い場合は、お店に依頼しましょう!)

室内では「こんなものか」と思われると思いますが、一度外で試すと、デジタルファインダーの威力を肌で体感できます。

DISTO S910とD810 touchの違いは?~2機種の比較~

ライカ レーザー距離計DISTO S910と DISTO D810 touch。ともにDISTOシリーズの中では価格が高いモデルで、見た目もほとんど同じなため、どう違うの?というお問合せをよくいただきます。

下記テーマで、図解してみました。図の後には解説もしていますので、比較・検討の参考にしてみてください。

  • S910の圧倒的な違い
  • S910は、D810 touchをすべて網羅
  • 機能ごとのグループ化
  • 同じところ
  • 選び方のポイント

画像のPDF版は、こちらからダウンロードできます。

では、一つずつ詳しく解説していきます。

S910の圧倒的な違い

レーザーが当たりさえすれば、どんな長さでも、どこからでも距離を測定できる。3次元空間の位置関係を記録し、CADデータ(DXF)として出力したり、WLANでリアルタイムにWindowsデバイスへ座標を送ったりできる。

これが、S910とD810 touch の圧倒的な違いです。

 

1.どこでも、どこからでも測定

“レーザーが当たれば、どこでも、どこからでも測定” というイメージは、下記図をご覧ください。

 

DISTO D810 touchをはじめ、その他のレーザー距離計DISTOシリーズは、下記図の通り、対象物の正面に立って測定することが必要です。理由は、三平方の定理を使って距離のみ、または距離とと傾斜角 / 写真から、長さを計算しているからです。

 

詳しくは、『DISTO S910のユニークさ -他レーザー距離計との違い』をご覧ください。

 

2.座標値をWLANで送る

S910が3次元空間を測定できるのは、測定した点を座標情報としてとらえているからです。これは従来、”トータルステーション” や “光波” と呼ばれる測量機しかできなかったことです!

測量機レベルのmm単位の精度ではなく、概算の情報が欲しい、という方にピッタリの製品です。ただ、誰でも簡単に使えることも、大きな特長の一つなので、”座標” はS910画面には出てきません。

PCとWLANで接続し、専用ソフトウェア『disto transfer』を使うと、リアルタイムで座標情報が得られます。

詳しくは、『Windowsへレーザー距離計の値を送る』の後半、WLANの部分をご覧ください。

※ mm単位の精度が欲しいけれども、測量機を三脚に立てて使うのはちょっと…という方は、Leica 3D Distoをご検討ください。『リノベーションの現地調査~3D Disto 編 その1~』

 

3.DXF形式での出力

「測定結果は、どうされるのですか?」と聞くと、「図面にします」という方向けの機能です。S910は、測定結果をDXF形式で出力できるため、CADソフトウェアで活用することができます。

3次元のDXFデータで、測定順に線が引かれたデータになっています。

詳しくは、下記動画をご覧ください。

『【詳細解説編】戸建住宅・木造家屋をレーザーで測る!DXFデータで出力!3次元レーザー距離計 Leica DISTO S910 パッケージ 』

 

S910は、D810をすべて網羅

D810 touchにある機能は、S910にもすべてあります。下記図のようなイメージです。

機能ごとのグループ化

レーザー距離計 Leica DISTOシリーズのラインナップを、機能ごとにグルーピングすると、大きく3つに分けられます。

  1.  室内モデル
  2.  屋内外モデル
  3.  屋内外3次元測定モデル

それぞれの違いは、下記をご覧ください。

『レーザー距離計の選び方~室内モデルの比較~』

『DISTO D510 vs D810 touch: 違いは?比較ポイントは?』

『DISTO S910と3D Distoの違いは?~2機種の比較~』

 

S910とD810 touchの同じところ

サイズはほとんど同じで、両機種ともタッチパネル式です。三脚、アダプターがセットになったパッケージとしての販売も行っています。

DISTO D810 touchパッケージの同梱物です。

充電式は、電池がないと測定できないから心配…という声がありますが、昨年のアップデートにより、充電しながらでも使用できるようになりました。寿命も、稼働時間も長いリチウムイオン充電池を搭載しています。

『DISTO D810 / S910  充電中も測定可能に!ソフトウェアの大幅アップデート』

 

選び方のポイント

結局、自分にはどちらがいいのか、選び方のポイントをお伝えします。

S910がおススメの方

  • 1か所から様々な場所を測りたい
  • 幅を測りたいが、正面に立てない
    (詳しくは上記「S910の圧倒的な違い」をご覧ください!)
  • 3次元空間にあるものの位置関係を把握したい
  • 測定結果をCADにする
  • おおよその座標情報を知りたい

D810 touchがおススメの方

  • 横幅を知りたい
  • ビルや電線などの高さを測りたい
  • 斜めの場所や土地の高低差を測りたい
  • 外で50m以上の長距離を測りたい
  • 自社開発したアプリに測定値を飛ばしたい

 

下記の情報がわかれば、どちらがあなたに適しているのか、お奨めはどちらなのか、自ずと決まってきます。お問合せページよりご連絡いただけましたら、適切な機種をご紹介いたします。

「こういう場合でも測れますか?」という内容でも構いません。お気軽にご相談ください。

  1.  測定したいものは何か?(建物、板、設計物など)
  2.  どんな情報が欲しいのか?(高さ、幅、位置関係など)
  3.  取得した情報をどう活用するのか?(メモする、データとして記録など)
  4.  測定距離はどれくらいか?(数m、20~30mなど)
  5.  求める精度は?(cm単位、mm単位など)

カタログに出てこない大切なコト

レーザー距離計の機能以外について、「これは何のことですか?」という問い合わせを受けることがあります。日本で販売するための前提となっているものが多く、カタログに明記されていない事項が多く存在します。

しかし、レーザー距離計の普及が進み、インターネットやホームセンターで一般消費者を対象にした低価格の距離計が増える中、この守るべき前提ルールが守られていない製品が増えているようです。

カタログや仕様書に明記されていないため、購入検討時に気が付かない方が多いようですので、参考資料を作成しました。
※図は、PDFファイルとしてダウンロードすることもできます。

画像のPDF版は、こちらからダウンロードいただけます。

一覧表の各項目について、以下に解説します。

 

RoHS(ロハス)

EUで2006年7月1日に施行された、有害物質の電気・電子機器への使用を制限する指令です。

有害物質とは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質です。

RoHS指令(DIRECTIVE 2002/95/EC OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 27 January 2003 on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment)

弊社HPの各製品ページから、「リサイクリング・パスポート」という名称で、製品に使われているすべての素材と重量を明記したドキュメントをダウンロードいただけます。

 

ISO 16331-1

測距精度と範囲を規定した唯一の国際規格 ISOです。レーザー距離計には、日本工業規格(JIS)のような規格は存在しないため、仕様書に書いてある精度は、各製造メーカー毎の「自主基準による精度」がほとんどです。

詳しくは、『レーザー距離計 唯一の規格 “ISO 16331-1″』をご覧ください。

 

計量法

国際度量衡総会で決議された国際的に合意された単位系である国際単位系(SI又はSI単位と呼ばれる)で、長さに関しては、「メートル(m)」が、計量単位/標準となるべき単位記号となります。

日本では、インチやフィートなど、メートル以外の単位が表示される製品は、一部の特殊例を除いて販売が禁じられています。

詳しくは、『計量法: レーザー距離計に表示可能な法廷単位はメートルのみ』をご覧ください。

 

電波法

無線通信の混信や妨害を防ぎ、また、有効希少な資源である電波の効率的な利用を確保するため、無線局の開設は原則として免許制です。

Bluetooth/WLAN内蔵製品は、電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示(技適マーク)が付される必要があります。

その場合には、免許手続時の検査の省略等の無線局開設のための手続について特例措置が適用されます。

 

PSC (消費経済製品安全法/携帯用レーザー応用装置)

業務用・一般用の区別なく、経産省に届出をし、レーザーの安全性に関する国の技術基準に適合した製品に貼付されるPSCマーク対象製品です。PSCマークのない製品は、販売を禁止されています。

詳しくは、『レーザー距離計のレーザーの安全性: PSCマークって何?』または、『消費生活用製品安全法 (PSCマーク) レーザー距離計のレーザーの安全性』をご覧ください。

Leica DISTO は、何を測定できる?

ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズは、直線距離を測るだけではありません。様々なユーザーの多岐にわたる用途に合わせ、いろいろな場所を測定することができます。

測りたい対象物は何か、どこにあるのか。距離、高さ、高低差、幅、など、レーザー距離計で測れる場所を下記にまとめてみました。表のアイコンをクリックすると、機能解説ページに飛ぶようになっています。
※pdfファイルとして保存も出来ます。

用途に応じた製品ラインナップをしていますので、どの製品にしたらいいかわからない時は、お気軽にお問い合わせください。

※図はPDFファイルとして、こちらからダウンロードできます。

Leica DISTOシリーズの測定機能は、大きく2つに分けられます。

1. 直接測定 (本体からの距離測定)
2. 間接測定 (測定対象物の長さを「間接的=離れたところから」測定)

上図でいうと、長さ・距離、傾斜角、面積の3つが直接測定で、他は間接測定になります。

外で使う時には、レーザードットの視認性が急激に低下します。日中、晴れている場合は、レーザードットが見えませんので、どこを測っているかわかりません。それを補うものとして、4倍ズームのデジタルファインダー搭載モデルがありますので、そちらをお使いください。
詳しくは、『レーザー距離計は、外で使えない!と思っている方へ』をご覧ください。

同じ直接距離を測るといっても、過去のモデルと最新モデルでは、測距精度、測距スピードは雲泥の差があります。より精度が必要な仕事、仕事をスムーズに進めたいとお考えであれば、最新モデルの使用をお奨めします。

現在、販売されているモデルは、Leica DISTO X310 “以外” は、Bluetooth内蔵ですので、写真の上にメモができる専用アプリ『Leica DISTO sketch』がご使用いただけます。

Leica DISTO 専用アプリの使い方 第一歩

DISTO S910 と 3D Distoの違いは?~2機種の比較~

レーザー距離計 DISTO S910 と 3次元レーザー測定器3D Disto。いずれも座標情報を使った3D測定が可能です。違いは何でしょうか?

簡単に言うと、mm単位の精度が必要な場合は3D Disto、概算でいいから2点間、高低差、位置関係を知りたいという方にはDISTO S910ということになります。
3dd_s910-レーザー距離計

 

コンセプト、仕様、機能、使い方という視点で両機種を比べてみましたので、ご覧ください。

 

コンセプト

3D Distoは、まだスマートフォンが世に存在しない頃、「こんな風にワークフローが変わったいいのに…」というアイディアをもとに、一から設計・開発された製品です。

コンセプトは、下記図のように、「測定からCADデータ作成までを一気通貫で、測量の経験がない人でも誰でも簡単に、かつ1人で作業ができる」、「生産性を飛躍的にアップさせる」というものです。これは、今でも変わりません。

3d-disto_concept

2012年5月に発売開始されましたが、タッチパネルが今ほど普及していないなか、タッチパネル式コントローラーで機器をコントロールする、という非常に珍しい機器でした。

一方のS910は、レーザー距離計 DISTOシリーズの進化の過程で、ラインナップの頂点に位置づけられるモデルとして考案された製品です。進化

従来のDISTOシリーズと、3D Distoの間に位置づけられる製品として、2015年4月に発売されました。詳しくは、「ライカ レーザー距離計 進化の歴史は、幅測定の歴史」をご覧ください。

 

仕様の比較

精度

3D Disto 10mで±1.0mm
S910 10mで±10mm

両機種で大きく異なるのが、精度です。

製造業の品質管理など、設計通りにモノができているかどうか確認したい場合、建設業での図面おこしのための現地測定、などには、3D Distoが採用されています。

S910は、見積段階での概算測定、周囲の状況を把握するための現地調査などに使われています。

 

測定範囲

3D Disto 0.5~50m (屋外では約20m)
S910 0.05~300m (屋外では約100m)

S910は、ハンディタイプのレーザー距離計を進化させたものなので、比較的測定範囲が広いです (X-Range Technology)。 太陽光の影響にもよりますが、100m前後の測定が可能です。

一方3D Distoは、室内または屋外近距離測定を前提としておりますので、測定距離は短くなっています。屋外で長距離測定をなさりたい方は、「3次元写真計測システム フォトカルク & DISTO」、または、「トータルステーション」をご検討ください。

 

レべリング方法

3D Disto 自動整準 (モーター内蔵)
S910 手動で実施

3次元座標を得るには、機械を水平に保つ必要があります。そのための方法を “レべリング” “整準” と呼んでいますが、3D Distoは自動で回転しながら、S910は手動で回しながら、行います。

3d-disto_moter

 

測定結果の見え方

3D Disto 3次元の3D ビュー
S910 1点1点の測定点を保存 / 全体像は見えない
(ファインダーモードの場合は、画像とともに保存される)

3D Distoは、Windows デバイスから機器を操作します。ソフトウェア画面からは、下記図のように3Dで測定点の位置関係が見えます。

3D Disto_view1

S910は、測定点を1点ずつ記録していきます。2点間距離測定モードのときは、下記画面のように表示されます。

s910_display_02_v2

 

データ出力形式

3D Disto DXF, CSV, TEXT, JPG
S910 DXF,  JPG

3D Distoは、DXF形式に加え、座標情報をCSVとテキスト形式で出力します。

S910で座標情報を得たい場合は、WindwosデバイスとWLAN接続し、専用ソフトウェアを使用します。詳しくは、「AutoCAD 2018でも使える!DISTO S910の測定結果がリアルタイムで描画」をご覧ください。

DISTO_S910_CAD_PLUGIN_ライカ レーザー距離計

電源

3D Disto 本体: フル充電で8時間 / 充電しながらの使用可
Windows デバイスは、仕様による
S910 フル充電で4,000回の測定 / 充電しながらの使用可
※ファインダー, WLAN, Bluetooth使用時は減少

両機種とも、リチウムイオン充電池を搭載した充電タイプです。

レーザー距離計 DISTO D810/S910: ソフトウェアアップデート1

 

機能

3D Disto 3次元測定、墨出し
S910 3次元測定
(2点間距離測定、面積、DXFモード: 測定点数の制限あり)

両モデルとも3次元測定ができますが、3D Distoの方がフレキシブルに測定できます。加えて、本体を移動させて前後の測定結果を合致する、という「リロケーション」機能があります。隣の部屋、廊下、なども継続して測定できます。詳しくは、「リノベーションの現地調査 3D Disto編 その2」をご覧ください。

S910の場合は、2点間距離測定、面積、DXFモードという機能に分かれていますので、必要なモードを呼び出して使います。各機能は解説付きの動画がありますので、ご覧ください。
レーザー距離計 DISTO S910 使い方動画集

もう1つ、3D Distoには特長的な機能があります。墨出し(位置だし)ができる「プロジェクター機能」です。点間隔を指定して格子状/網目状に、または2次元の設計データをインポートして、壁や天井にレーザー照射することができます。

3d-disto_projecter

壁に墨出ししている様子の動画
プロジェクター機能の概要資料

 

使い方

S910の大きな特長が、ハンディサイズであることです。(写真左)  S910パッケージは、電車で移動する際にも、持って歩けるサイズ・重量です。

3ddisto_package

3D Disto 3D Distoパッケージ & Windows デバイス
(+α 場合によっては、三脚)
S910 S910パッケージのみ
(+α 場合によっては、Windowsデバイス)

 

まとめ

いかがでしょうか。用途に応じて、どちらが適切かご判断ください。もう少しここを詳しく聞きたい、こういう場合は?などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Leica 3D Disto : HPの詳細情報
Leica DISTO S910 パッケージ: HPの詳細情報