カテゴリー別アーカイブ: ライカディストのいいところ

レーザー距離計で、日焼け対策?!

5月になり、暖かく晴れが日が多くなってきました。弊社ではそのタイミングに合わせて、

「外で測定したい」
「(持っている距離計は) 屋外で見えず、使えない…」

という問い合わせが、4月頃から増えてきています。

紫外線が徐々に高まってきますので、外での作業は短時間で終わらせたいものです。

ご存知かもしれませんが、レーザー距離計をオンにした時に出る、”赤いレーザードット” は、外では見えません。

そのため、外で測る仕事がある方には、画面モニターの様に測定物が見える”カラーファインダー” 搭載モデルのご使用をおすすめしています。

詳しくは、『レーザー距離計は、外で使えない!と思っている方へ』で解説していますので、ぜひご覧ください。

「そうはいっても、何とかなりませんか?」
「少しは、見えるんじゃないですか?」

とお思いになるかもしれません。
レーザー距離計をお持ちの方は、ぜひ外へ持って行って試してみてください。

初めて購入をお考えの方は、下記写真をご覧ください。
晴れた日の日中、50~60cm離れた所からアスファルトに向かってレーザーを当てた写真です。

どこに当たっているか分かりますか?

写真の中央に、薄い赤い点があるのですが、ほとんど認識できません。1m以下でもこのような状況です。

誤解がないように記すと、「測定できないのではなく、どこに当たっているか分からない」ということです。

「どこを測っているか不明なため、測れない!使えない!」ということになるんです。変な所にレーザーが当たっていると、エラーになり測れませんので…

曇りの日や夕方は、レーザードットが見えます。その場合は、外でも測定できます。

時間の融通が利く方はいいですが、多くの場合、天候や時間によって制限があると、仕事にならないものです。

そのため、機種選定のお問合せを頂いた際は、まず何よりも先に、「外で測定作業をするかどうか」をお聞きしています。


測定作業にメジャーをお使いの場合、2人がかりで測ったり、時には高所作業車などを使ったりなど、時間・労力・お金が必要になります。

外での作業時間が長ければ長いほど、紫外線を浴びることになりますので、対策をされていない方には体にも良くないです。

レーザー距離計でピッと測って、短時間で作業を終えましょう!

屋外・屋内兼用モデルのスタンダード『Leica DISTO D510』の解説付きイメージ動画に、外で使っている様子が分かりやすく紹介されています。ご覧ください。

ファインダーは、2種類あります。

  • デジタル ポイント ファインダー (ライカ採用)
  • 光学ファインダー

ライカ のレーザー距離計 DISTO (ディスト)シリーズが採用している「デジタル ポイント ファインダー」と、他社製の「光学ファインダー」には、雲泥の差があります。

ご検討の際には、下記もご参考になさってください。

光学ファインダー、デジタルファインダーの違い

カタログに出てこない大切なコト

レーザー距離計の機能以外について、「これは何のことですか?」という問い合わせを受けることがあります。日本で販売するための前提となっているものが多く、カタログに明記されていない事項が多く存在します。

しかし、レーザー距離計の普及が進み、インターネットやホームセンターで一般消費者を対象にした低価格の距離計が増える中、この守るべき前提ルールが守られていない製品が増えているようです。

カタログや仕様書に明記されていないため、購入検討時に気が付かない方が多いようですので、参考資料を作成しました。
※図は、PDFファイルとしてダウンロードすることもできます。

画像のPDF版は、こちらからダウンロードいただけます。

一覧表の各項目について、以下に解説します。

 

RoHS(ロハス)

EUで2006年7月1日に施行された、有害物質の電気・電子機器への使用を制限する指令です。

有害物質とは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質です。

RoHS指令(DIRECTIVE 2002/95/EC OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 27 January 2003 on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment)

弊社HPの各製品ページから、「リサイクリング・パスポート」という名称で、製品に使われているすべての素材と重量を明記したドキュメントをダウンロードいただけます。

 

ISO 16331-1

測距精度と範囲を規定した唯一の国際規格 ISOです。レーザー距離計には、日本工業規格(JIS)のような規格は存在しないため、仕様書に書いてある精度は、各製造メーカー毎の「自主基準による精度」がほとんどです。

詳しくは、『レーザー距離計 唯一の規格 “ISO 16331-1″』をご覧ください。

 

計量法

国際度量衡総会で決議された国際的に合意された単位系である国際単位系(SI又はSI単位と呼ばれる)で、長さに関しては、「メートル(m)」が、計量単位/標準となるべき単位記号となります。

日本では、インチやフィートなど、メートル以外の単位が表示される製品は、一部の特殊例を除いて販売が禁じられています。

詳しくは、『計量法: レーザー距離計に表示可能な法廷単位はメートルのみ』をご覧ください。

 

電波法

無線通信の混信や妨害を防ぎ、また、有効希少な資源である電波の効率的な利用を確保するため、無線局の開設は原則として免許制です。

Bluetooth/WLAN内蔵製品は、電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示(技適マーク)が付される必要があります。

その場合には、免許手続時の検査の省略等の無線局開設のための手続について特例措置が適用されます。

 

PSC (消費経済製品安全法/携帯用レーザー応用装置)

業務用・一般用の区別なく、経産省に届出をし、レーザーの安全性に関する国の技術基準に適合した製品に貼付されるPSCマーク対象製品です。PSCマークのない製品は、販売を禁止されています。

詳しくは、『レーザー距離計のレーザーの安全性: PSCマークって何?』または、『消費生活用製品安全法 (PSCマーク) レーザー距離計のレーザーの安全性』をご覧ください。

あなたの現調はどっちの方法?コンべと紙 vs レーザー距離計とアプリ

ビルや戸建などの現地調査を行う際、測定はどのようになさっていますか?コンベックスで測り、紙に図を描いて、値をメモでしょうか。それとも最近レーザー距離計を購入された方は、スマホアプリと一緒に使い、デジタルメモを作成されていますでしょうか。

ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズは、DISTO X310以外のすべてのモデルにBlutoothがつき、スマホアプリ “DISTO sketch” と一緒に使うことができるようになっています。

アプリを使った時とそうでない時、どう違うのかを比べた図を作ってみました。実際の現場で良く聞かれる声も、載せています。

レーザー距離計を比較検討されている方、おすすめのモデルはどれかお探しの方、ご参考になさってください。

※図はPDFファイルとして、こちらからダウンロードできます。

アプリのダウンロードはこちら。

  

 

アプリの使い方について、詳しくは 『レーザー距離計 Leica DISTO 専用アプリの使い方 第一歩』をご覧ください。

 

レーザー距離計 DISTO S910で、300m測定!@新宿御苑

ライカ レーザー距離計 DISTO S910の測定範囲は、最大300m!DISTO史上最長の測定範囲です。ただし、外で測る場合は太陽光の影響、対象物の面の具合により測定範囲が狭くなりますので、60~100mとご案内しております。

「そうはいっても、300m、本当に測れるの?」

はてな

 

という疑問、あると思います。今回は、そのギモンに応えるべく、新宿御苑で300m測定した結果をお伝えします!

まず準備するものは、A4サイズの長距離測定用ターゲットプレート「Leica GZM26」×4枚。別のターゲットプレートでは、300m測定は実現できません。ご注意ください。

1枚では足りませんので、養生テープで4枚張り合わせます。茶色い面が表になるようにしてください。今回は、苑内にちょうど良い三角コーンを見つけましたので!、下記写真の様に、もたれかけるように置きました。

a4-target-plate-Leica DISTO

これで準備完了、測定開始です!

DISTO D810_屋外測定_1

随分離れたな…と思って測ってみると、まだ190mでした!さらに遠くへ行きます。

DISTO D810_屋外測定_2

ズームは最大です。茶色のターゲットプレートがある、ということは小さいながら分かります。

DISTO D810_屋外測定_3

ついに、300m超え!
写真ではよくわかりませんが、4倍ズーム(最大)で、おぼろげながらターゲットプレートの茶色が判別可能です。

測距時間は、1秒から2秒かからない程度なので、「何度やってもなかなか測れない…」というストレスはなく、測定できます。

今回は三脚を使わず、レーザー距離計 DISTO S910を手に持って測りましたので、タイマー(5秒)設定して、測距するとちょうどいい具合です。カウントダウン中に、本体がぶれないように心の準備ができます。詳しくは、『タイマー機能の使い方』をご覧ください。

予め、どこに、どんな高さでターゲットプレートが置かれているか、分かった上で測定することをお奨めします。離れてから探そうとすると、難しいです。

a4-target-plate-Leica DISTO

・ターゲットプレート4枚
・芝生の上の三角コーンにもたれかけてある

ということが分かっているので、しゃがんだ体勢で、その高さに機器を合わせて測定すると容易に測ることができました。

 

屋外測定の基本事項ですが、

「肉眼ではターゲットの視認は出来ない」

ということに変わりありません。また、

「ターゲットプレートにレーザーが当たっても、当たっているかどうか分からない」

のが実情です。100m以上の場合、測定できれば、ターゲットプレートにあたっているということです。

300m測定地点から、ターゲットプレートがある方向を撮影した写真です。レーザー視認どころか、ターゲットがどこにあるのかを見つけるのも至難の業です!

gyoen_2

測定した場所は、イギリス風形式庭園の芝生エリアです。

gyoen_map

 

レーザー距離計 Leica DISTO – ロバスト性 (堅牢性)?

Robust – ロバスト性 / 堅牢性: 条件・環境が変わっても本来の性能を発揮する頑強さ

レーザー距離計が使用される現場は、使用環境によって大きく変わります。わかりやすい例が、「屋内か屋外か」、つまり周囲の光の加減です。また、測定対象物の反射度合いも大きな要因の一つです。ライカ ジオシステムズでは、常に製品の改良を進め、

  • 測距精度の大幅向上
  • 測距精度の安定性 (信頼性の高い測距結果)
  • 屋外測距可能距離の大幅伸長

などを独自の技術によって実現してきました。

しかし、こうした説明は、メーカーの独りよがりのコメントと見られてしまうこともあります。

これらの性能は「現場で使えばわかる」のですが、カタログ上ではどうしても表現がしきれません。海外では、Leica DISTOの測距性能を “Robust” ということばで表現され、エンドユーザーからの多くの評価を得てきました。

この「ロバスト(Robust)」という言葉は、英語辞典(研究社 新英和中辞典)で調べてみると、「強健な,たくましい,がっしりした」という意味が出てきます。なんとなくわかりますが、レーザー距離計にどうあてはまるか、よくわからないのが本音だと思います。

それでは、実用日本語表現辞典 (http://www.practical-japanese.com/) では、どのように説明されているでしょうか。

「ロバスト性: 外的要因による変化を内部で阻止する仕組みや性質などを意味する表現。ロバストネスとも言う。」という解説です。この説明を見ると、かなりしっくりしてきます。

レーザー距離計に当てはめて考えてみると、「測距条件、測距環境が変わっても本来の性能を発揮する頑強さ」ということができます。

ライカ ジオシステムズは従来より、非常に厳しい社内規定に基づき、測距を定義してきました。しかし、それは外部の方からはわかりにくく、
「レーザー距離計はどれも同じようなもの。」
「カタログスペックに書いてある条件も同じ。」

という解釈をする方がでてきてしまいました。そのため、第三者がわかる規定として、レーザー距離計の測距と範囲を規定した唯一の規格ISO 16331-1が策定されました。

レーザー距離計には、日本工業規格(JIS)のような規格は存在せず、守るべき基準はありませんでした。そのため、各メーカーが「自己基準」で生産され、精度基準が異なる製品が市場に出回ってしまっています。レーザー距離計の測距精度と範囲を見極めることができる規定は、ISO規格 16331-1 のみとなっています。

 

こちらの記事も合わせてご覧ください。

レーザー距離計 唯一の規格 “ISO 16331-1”

 

PROTECT by Leica Geosystems: 3年保証 (購入日より/要Web登録)

レーザー距離計 Leica DISTOのロバスト性は、新品時のみ確保されているのであれば、市場からのクレームが多くなってしまいます。ライカ ジオシステムズでは、長く製品を使用できるための「堅牢性」も考慮した製品設計もしてきています。それは、2年間とう長い製品保証(Web登録時は、3年に期間延長)として実現されています。