カテゴリー別アーカイブ: 消費生活用製品安全法 (PSCマーク)

カタログに出てこない大切なコト

レーザー距離計の機能以外について、「これは何のことですか?」という問い合わせを受けることがあります。日本で販売するための前提となっているものが多く、カタログに明記されていない事項が多く存在します。

しかし、レーザー距離計の普及が進み、インターネットやホームセンターで一般消費者を対象にした低価格の距離計が増える中、この守るべき前提ルールが守られていない製品が増えているようです。

カタログや仕様書に明記されていないため、購入検討時に気が付かない方が多いようですので、参考資料を作成しました。
※図は、PDFファイルとしてダウンロードすることもできます。

画像のPDF版は、こちらからダウンロードいただけます。

一覧表の各項目について、以下に解説します。

 

RoHS(ロハス)

EUで2006年7月1日に施行された、有害物質の電気・電子機器への使用を制限する指令です。

有害物質とは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質です。

RoHS指令(DIRECTIVE 2002/95/EC OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 27 January 2003 on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment)

弊社HPの各製品ページから、「リサイクリング・パスポート」という名称で、製品に使われているすべての素材と重量を明記したドキュメントをダウンロードいただけます。

 

ISO 16331-1

測距精度と範囲を規定した唯一の国際規格 ISOです。レーザー距離計には、日本工業規格(JIS)のような規格は存在しないため、仕様書に書いてある精度は、各製造メーカー毎の「自主基準による精度」がほとんどです。

詳しくは、『レーザー距離計 唯一の規格 “ISO 16331-1″』をご覧ください。

 

計量法

国際度量衡総会で決議された国際的に合意された単位系である国際単位系(SI又はSI単位と呼ばれる)で、長さに関しては、「メートル(m)」が、計量単位/標準となるべき単位記号となります。

日本では、インチやフィートなど、メートル以外の単位が表示される製品は、一部の特殊例を除いて販売が禁じられています。

詳しくは、『計量法: レーザー距離計に表示可能な法廷単位はメートルのみ』をご覧ください。

 

電波法

無線通信の混信や妨害を防ぎ、また、有効希少な資源である電波の効率的な利用を確保するため、無線局の開設は原則として免許制です。

Bluetooth/WLAN内蔵製品は、電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示(技適マーク)が付される必要があります。

その場合には、免許手続時の検査の省略等の無線局開設のための手続について特例措置が適用されます。

 

PSC (消費経済製品安全法/携帯用レーザー応用装置)

業務用・一般用の区別なく、経産省に届出をし、レーザーの安全性に関する国の技術基準に適合した製品に貼付されるPSCマーク対象製品です。PSCマークのない製品は、販売を禁止されています。

詳しくは、『レーザー距離計のレーザーの安全性: PSCマークって何?』または、『消費生活用製品安全法 (PSCマーク) レーザー距離計のレーザーの安全性』をご覧ください。

PSCマークって、何?

レーザー距離計 Leica DISTOシリーズの機能に関する問合せと同時に多いのは、

「レーザーは危なくないのですか?」
「レーザーは安全ですか?」

といったレーザーの安全性に関する内容です。

距離を測る仕事は、周囲に人がいない無人環境で実施できることは稀ですので、レーザーの安全性について心配されるのは、当然の話です。

建築業務であれば、下記の場合に現地調査をします。

  • リフォームの見積
  • ビルメンテナンスの見積
  • 大きなリノベーションの見積
  • オフィスや店舗の改装

その時に、子供を含めた通行人、リフォームであれば、室内での計測が多くなりますので、周りに人がいる環境での測定作業となります。

工場内の設備管理等で使用される場合でも、数名の作業員がいる中で行われることが多いです。

今回は、レーザーの安全性について国が定めている「PSCマーク」について、分かりやすく図にしてみました。
※図は、pdfファイルとして、こちらからダウンロードできます。

 

PSCマークとIEC/JIS

JISのクラス分けに関する序文では、『レーザビームは,波長,エネルギー,パルス特性に対して考え得る範囲が広いため,その使用により生じる危険性は幅広く変化する。したがって,レーザを共通の安全限界が適用できる単一のグループとしてみなすことは不可能である。』としており、クラスがいくつかに分けられています。

Leica DISTOシリーズのレーザークラスは、「クラス2」です。

クラス2に関しては、JISで以下のように定められています。

『クラス2:まばたき反射を含む回避行動によって目が保護される400 nm~700 nm の波長範囲の可視光を放出するレーザ。この回避行動は,ビーム内観察用の光学器具の使用を含めた合理的に予見可能な運転条件下で,十分に目を保護する。』

また、JISの表示についてJISでは、『レーザ製品の正しいクラス分けを行うのは,製造業者又はその代理業者の責任である。』と規定しています。

では、消費生活用製品安全法では、レーザーの安全性について国の基準が規定されているため、技術基準適合の試験を受け、合格しなければ、レーザークラスの表示をするだけでは、本法律の要件を満たしません。

ライカ ジオシステムズでは、消費生活用製品安全法に基づき、経済産業省への届出を行い、 レーザーの安全性の技術基準適合義務を果たした製品を出荷しています。

レーザーの安全性については、下記のリンクをご参照ください。

消費生活用製品安全法 (PSCマーク) レーザー距離計の「レーザー安全性」

距離計のレーザーは安全?

レーザーの安全性は、レーザー距離計を製造、販売する上で、厳密に管理しなければならない重要事項です。ライカ ジオシステムズは従来より、製造段階において厳しい管理規定を作り、実施してきました。

これに加え、日本独自の法規制である「消費生活用製品安全法」に基づき、経済産業省への届出を行い、技術基準適合義務を果たした製品として、レーザー距離計 Leica DISTO™ を日本市場で販売しています。

この法律の名前を聞いたことがある方、「PSCマーク」というシールを見たことがある方も多いと思います。しかし、詳しいことはよくわからないかもしれません。

PSCマークは、たとえば、

  • 幼児用ベット
  • 浴槽用温水循環器
  • レーザーポインター
  • ライター
  • 登山用ロープ
  • 家庭用圧力なべ
  • 乗用車用ヘルメット (自動二輪車又は原動機付自転車乗用車のものに限る)
  • 石油ストーブ

などが対象製品と規定されているので、普段の生活で目にするマークです。レーザー距離計は?というと、特別特定製品の携帯用レーザー応用装置」に区分されています。

消費生活用製品安全法では、携帯用レーザー応用装置には、以下の3つの注意事項の表示が規定されています。

  • レーザー光をのぞきこまない旨
  • レーザー光を人に向けない旨
  • 子供に使わせない旨

詳しくは、経済産業省: 消費生活用製品安全法をご覧ください。

 

レーザークラスのお話

レーザーは、その強さに応じてクラス分けされています。IECという国際電気標準会議が制定する国際規格で規定されています。

この該当部分を翻訳したものがJIS規格C6802(2014)です。下記の様に区分されています。

  • 1および1M
  • 2および2M
  • 3R
  • 3B
  • 4

ライカ ジオシステムズのレーザー距離計  Leica DISTO™ は、

  • クラス2

です。クラス2に関しては、JISで以下のように定められています。

『クラス2:まばたき反射を含む回避行動によって目が保護される400 nm~700 nm の波長範囲の可視光を放出するレーザ。この回避行動は,ビーム内観察用の光学器具の使用を含めた合理的に予見可能な運転条件下で,十分に目を保護する。』

使用時には、製品に同梱される取扱説明書、安全の手引きをよく読んで、ご使用ください。レーザーを直接のぞき込んだり、反射的にもレーザーを直視しないでください。また、人や動物へレーザーを照射しないでください。