Windowsの自社開発ソフトに値を飛ばす方法

「自社開発のソフトウェアに、レーザー距離計の値を飛ばしたいんです。」

このようなお問い合わせは、本当によくいただきます。ソフトウェアではなく、アプリの場合もあります。
ライカのレーザー距離計 DISTO D810 touchDISTO S910は、Bluetoothを使ってWindows、iOS、Andoridへ測定値を送ることができます。

d810_name s910_name

今回ご紹介するのは、Windows タブレットやPCに、データを飛ばす方法です。
DISTO D810 touch、または DISTO S910の場合、Windows とBluetooth接続できれば、カーソルがある場所へデータが転送されます。データを送るための特別なソフトウェアや、システム変更・開発は不要です。

お客さまがご使用のソフトウェアを起動し、値を送りたい場所を選択、そしてDISTOで測定後にBluetooth転送するだけです。
下記動画をご覧ください。

【システム要件】
Windows 8.1以上、Bluetooth 4.0以上

※ DISTO D110、DISTO D2、DISTO D510を使ってWindowsデバイスに値を転送したい場合は、専用ソフトウェアdisto transfer が必要です。

ご不明な点がございましたら、下記メール宛てにご連絡ください。