スマホと使う

手書き図が、縮尺通りに変わっていく!メモアプリ

ライカのレーザー距離計メモアプリ「disto sketch」は、下記2つの方法で測定メモを作ります。

① 写真を使う
② グリッドと呼ばれるマス目の上に図を描く

用途に応じて使い分けますが、今回は②を使うときに便利な “オートスケール機能” の紹介です。

これは、転送した測定値に応じて、画面の縮尺が自動で変わっていく、というものです。
図から、部屋のスケール感がつかめます。

 icon-bookmark  オートスケール機能のポイント
・ 時計回りか、反時計回りに値を入れていくこと!
・ 角は90°にすること!(斜めの線は不可)

実際に、オートスケール機能を使って、自販機コーナーの測定をしている動画です。

アプリのダウンロードはこちら。
logo_App Store google_play_store_pic_172x60

 

このアプリが使えるスマートフォン、レーザー距離計は、『アプリ DISTO sketch が使えるデバイス & アプリ対応機種』をご覧ください。

関連記事

  1. スマホと使う

    iOS 10.0.2: 測定メモアプリ 『DISTO sketch』

    iOS の大幅アップデートがありました。2016/10/6現在、10.…

  2. D110

    引越にも活躍!

    引越しといえば、メジャー。物件を決めるとき、または引越しの前、カーテン…

  3. D2

    新しくなった専用アプリ 『Leica DISTO sketch』 V3.0

    スマートフォンとレーザー距離計 Leica DISTO (ライカディス…

  4. スマホと使う

    測定値を、スマホやタブレットに送る方法 – Androidアプリ

    「レーザー距離計で測った数値だけ、転送したいんだけど...」「距離…

  5. スマホと使う

    Android版データ転送アプリ「Leica DISTO transfer」は、2種類あります!ご注…

    ライカ レーザー距離計 DISTO シリーズの専用アプリ「Leica …

人気記事 Top 5

特設ページ

●●

PAGE TOP