Leica DISTO D810 touch / S910: 充電中も測定可能に!

レーザー距離計 DISTO D810 touchとS910は、ご購入後にリリースされた新しいソフトウェアへ、アップデートすることができます。スマートフォンアプリをアップデートする様なイメージです。

年に何度か、不定期に新しいソフトウェアがリリースされるのですが、今回は、これまでで最も大きなアップデートとなり、ご要望の多かった充電中の測定が可能になりました!携帯用充電器をお持ちであれば、電源が少なくなってきても、作業を中断することなく続けられます。

下記に、アップデート内容とその方法についてご案内いたします。

 

D810 touch / S910 共通


1.充電をしながら測定が可能
今回のアップデートで、一番お伝えしたいことです。電源が少なくなってきた…と心配することは、もうなくなります!

レーザー距離計 DISTO D810/S910: ソフトウェアアップデート1

 

2.ディスプレイに表示される測定結果全てがBluetooth転送可能
水平距離、高さなどを測った際、画面には、傾斜角や斜距離などの付随情報が表示されます。例えば、アプリ disto sketchをご使用の際、それらの結果を転送するには、一度メモリーを呼び出す必要がありましたが、その手間がなくなります。

 

転送前にDISTO本体の矢印ボタンで、転送したい値を選び、転送ボタンを押すだけです。
ページ最下部の動画をご覧いただくと、分かりやすいです。

disto_s910_software-update_2

 

 

3.Bluetooth 接続性の向上
従来より、スマートフォンやタブレットとのBluetooth接続がしやすくなりました。

 

アップデート内容を紹介した動画がございますので、ご覧ください。

 

S910のみ


1.WLAN接続性の向上
従来より、Windows PC/タブレットとのWLAN接続がしやすくなりました。

 

2.dxf測定モードのデータ保存の際、確認画面を表示
誤って途中で保存してしまった…!ということをなくすために、保存前に確認画面が出るようになりました。

11

3.dxf測定モードの第一測点の高さはゼロ設定
最初の測定点のXYZ座標は、( 0/0/0 ) になります。

12

4.ムーブアラート(移動警告)がオフの場合、P2P機能のレベリング中にオフ設定であることを画面表示
P2P機能のレべリングとは別に、本体移動時に警告を発する機能”ムーブアラート” があります。P2P機能を使う際は、これをONにしていただきたいので、OFFになっている場合は、警告画面が表示されるようになりました。

13

 

アップデート方法


アップデートにかかる時間は、約20分。3ステップで完了です。

1.アップデート用ソフトウェアをPCにインストール
2.DISTOをアップデート・モードに設定
3.アップデート

 

ソフトウェアは、HPの製品ページ、または、保証延長の際に製品登録いただきましたWebサイト 『myWorld』から、ダウンロードいただけます。
手順を動画で解説しておりますので、下記をご参考になさってください。

レーザー距離計 DISTO D810 touch (V3561)
HPから行う方法
myWorldから行う方法

レーザー距離計 DISTO S910 (V3557)
HPから行う方法
myWorldから行う方法