S910

動画にちらっと出てくる横文字の解説 【後編】 ~ Leica DISTO S910 ~

レーザー距離計 Leica DISTO S910 (ライカ ディスト エス・ナインテン) の製品動画に出てくる最新テクノロジーの徹底解説、後編です!
前編はこちら。

動画にちらっと出てくる横文字の解説 前編 ~ レーザー距離計 DISTO S910 ~

後半の肝は、ASIC (エーシック) とP2Pテクノロジー。それぞれ、Leica DISTO (ライカ ディスト) シリーズ全体を根幹から支える技術と、S910 (エス・ナインテン) 独自の新開発テクノロジーです。

さらに後編では、様々な使い方に対応するための通信方式 (Bluetooth / WLAN / USB) 、屋外測定に必須のファインダー、ほとんどの方がS910本体と一緒にご購入なさるアダプター FTA 360-S について、解説します。

 

Overview Camera ~オーバービューカメラ~


まずは、大胆に内部構造を見せたスクリーンショットで、左上から反時計回りで各部のご紹介をしていきます。

もっと引いた位置から対象物が映ればいいのに…というご要望にお応えし、オーバービューカメラを搭載しました。従来からあるポイント ファインダーとは別のカメラです。本体前面をご覧ください。オーバービューカメラは、右側に位置しています。

leicas910_8

 

4× Zoom Camera ~4倍ズーム カメラ~


屋外測定に必須のポイントファインダー。これは、4倍ズームカメラを通して、対象物を画面に映し出しています。2007年発売のDISTO A8に初めてカメラが搭載されたときは、モノクロでした。今、その画面を見てみると、驚くほど画像が粗いですが、それでも当時は感動ものでした。やっとこれで、外でも難なく測ることができる、と。

それから約10年。
鮮やかなカラー大画面で、屋外でも心地よく、ストレスなく、作業ができるようになりました。

【ファインダーの歴史】

モノクロ3倍ズーム 2007年~2009年 DISTO A8
カラー4倍ズーム 2009年~2013年 DISTO D5
DISTO D8
カラー4倍ズーム & 解像度アップ 2013年~現在 DISTO D510
カラー4倍ズーム & さらに解像度アップ &
サイズ大 & オーバービュー
2013年~現在 DISTO D810 touch
DISTO S910

DISTO (ディスト) S910は、写真も撮れます。JPEG形式で保存され、USBケーブルで出力します。カメラモードの倍率は、オーバービューモードと2倍の2種類です。

 

Data Interface Bluetooth® Smart
~データインターフェース Bluetooth® スマート~


Bluetooth®スマートは、Bluetooth® V4.0に対応しており、アプリ 「DISTO sketch (ディスト スケッチ)」や、Windows PC / タブレットに測定値を転送する際、使用します。

leica-s910

【アプリ】
アプリを使うと、撮影した写真の上に、測定値を載せることができますので、現場の状況を”見せる” ことができます。
ぜひ、こちらの動画をご覧ください。
DISTO sketch アプリ

 

【Windows】
測定結果をExcelやメモ帳に記録していきたい、という場合には、Windowsデバイスと専用ソフトウェア「disto transfer Blutooth版」を使います。名前は、「ディスト トランスファー」と呼びます。

データが入っていく様子は、こちらの動画をご覧ください。
Windows 8.1 PCでの使い方 その2) Excelへデータ転送

 

WLAN ~ワイヤレス ラン~


DISTO S910は、レーザー距離計 DISTO シリーズ初のWLAN搭載モデルです。3次元の測定結果を”座標値”として入手したい、という場合に使います。Windowsデバイスと専用ソフトウェア「disto transfer WLAN版」を使います。

disto_transfer_02

現場にAutoCADやBricsCADがインストールされたPCを持参すると、3次元の測定状況がリアルタイムでCAD上描かれていきます。DXF形式のデータです。この場合、「disto transfer WLAN版」は、CADプラグイン・ソフトウェアの役割を果たします。

測定の様子は、こちらの動画をご覧ください。
⇒ レーザー距離計 DISTO S910: AutoCAD にリアルタイムで測定値と写真を転送

DISTO_S910_CAD_PLUGIN_ライカ レーザー距離計

 

USB Connection ~USB接続~


測定したDXFデータ、写真、スクリーンショットは、USBケーブルで出力できます。本体の充電をする際も、このUSBケーブルを使います。
DISTO S910_USB_CONNECTION_ライカ レーザー距離計

 

DISTO™ ASIC Technology Inside
~DISTO™ 専用のASICテクノロジーを内蔵~


ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの略で、特定用途のために設計、製造される集積回路のことです。つまり、DISTO S910には、”DISTOのためだけに” 開発された、専用の集積回路が入っているのです!汎用品を使うことが多い中、弊社はここまでこだわり抜いて、製品を開発しています。

これが、Leica DISTOシリーズの性能を支えています。
高い精度、ロバスト性などといった、ハイレベルのゆるぎない基礎を構築しています。

どのメーカーにも真似できない高みを築いている所以が、ここにあります。

leicas910_25

 

P2P Technology ~ピーツーピー テクノロジー~


Point to Point – 点から点へ。ライカ ディストが長年取り組んできた “幅” 測定の集大成です。DISTO S910 一番の特長である離れた所から「2点間距離」「幅」を測る、「測った場所をDXF形式で出力する」、という3次元測定機能を支えるテクノロジーの総称です。

測れるのは、横に一直線の幅だけではありません。屋根の流れの様な “斜め”、奥行きを持った2点、部屋のレイアウト図など、レーザーが届けばどこでも測れます。

測った場所を3次元情報として記録し、相対的な位置関係を演算処理し、瞬時に距離を算出する。

「そんなに難しいことなんですか?」 と言われますが、その通りなんです。このサイズ、この手軽さにするには!という条件つきですが。そうでなければ、ライカがやらなくても、誰かがやっているはずです。

P2Pテクノロジー。DISTOシリーズ最高峰の名ににふさわしい最先端技術です。

もっと詳しく知りたい方は、動画集ページをご覧ください。
レーザー距離計 DISTO S910の使い方動画集

leicas910_32

「トータルステーション / 光波と、やっていることは同じでは?」と、疑問に思われた方、全くその通りです。精度は落ちますが、写真のように気軽に運べて、操作も簡単。アプリやWindowsタブレットに測定結果を飛ばして記録していくことができる。そんな測定器は、DISTO S910だけです!

 

Pointfinder with 4× zoom ~4倍ズームのポイントファインダー~


従来から屋外対応モデルに搭載されている、4倍ズームのデジタルポイント ファインダーです。外では、レーザードットが見えませんので、屋外測定には必須の機能です。太陽光は、私たちが思っている以上に明るいのです。

画面に映った画像を頼りに、測定場所に狙いを定めます。ディスト S910は、タッチパネル式です。スマートフォンの様に、指を使ってズームできます。

leicas910_26

本体のカメラボタンを押して、まず現れるのが、オーバービューモードです。ワイド表示です。上向きの矢印ボタンを押していくと、1倍、2倍、4倍とズームします。

 

FTA360-S ~専用アダプター~


DISTO S910 は、本体裏に埋め込まれたスマートベースを開いて、アダプターに取り付けます。これまでのDISTOシリーズにはない、初めての形なので、アダプターもS910専用です。DISTO D810 touch および DISTO D510用のアダプター、FTA360に”S” が付いただけですが、この”S” は、S910のSです!よく見ると、本体取付部分が違います。

leicas910_27

DISTO S910をご購入なさる方は、アダプター FTA360-S、三脚TRI70が専用ケースに入ったパッケージをご購入なさる方がほとんどです。
上写真では、男性の足元にさりげなく置かれています。

レーザー距離計 DISTO S910_EXTERIOR_PACKAGE

 

Fine Adjustment ~アダプターの微調整ネジ~


アダプター FTA360-S の特長は、何といっても微調整ネジです。ネジは本体右上と左下に付いており、両手で縦横無尽に操作いただけるようになっています。

アダプターは本当に必要かな・・・?という疑問があると思いますが、このアダプターは、もうちょっとだけ上、ちょっと左、といった最後の微調整をする際に本領を発揮します。手で合わせようとすると、なかなかうまくいかず、時間がかかってイライラしてしまうのです!ある程度のところまでは、手でぐるっとを回して、最後に微調整ネジで合わせる。これがおススメの使い方です。

ネジは、エンドレスにくるくる、滑らかに動きます。

leicas910_28

leicas910_29

 

いかがでしたでしょうか。
他のDISTOシリーズとは一線を画すDISTO S910。
今一度、動画を見てみてください。類似品のない製品を世に問う、ライカの気合を感じていただければ幸いです。

 

前編はこちら。
動画にちらっと出てくる横文字の解説 前編 ~ レーザー距離計 DISTO S910 ~

 

関連記事

  1. 2点間距離

    2点間距離の測り方 DISTO S910

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910 を最も特長づける機能 「…

  2. S910

    Leica DISTO S910 の使い方動画集

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910 の特長的な "コア機能"…

  3. S910

    AutoCAD 2018でも使える!DISTO S910の測定結果がリアルタイムで描画

    2点間距離や3次元の位置関係を測定できるライカのレーザー距離計 Lei…

  4. D510

    DISTO専用アダプター FTA360 と FTA360-S の違い

    レーザー距離計 Leica DISTO (ディスト) シリーズのアダプ…

  5. S910

    DISTO S910 測定場所の写真を、Windowsに送る

    3Dレーザー距離計 DISTO S910は、座標を使って3次元測定がで…

人気記事 Top 5

特設ページ

●●

PAGE TOP