計量法

レーザー距離計の表示単位はメートルのみ (計量法)

「長さ」に関する法規制: 計量法

レーザー距離計は「長さ」を測定する製品ですが、長さの単位の表示は、明確に計量法で規定されています。(海外仕様の製品は、インチ・フィート、ヤード表記が可能です。) 日本の法規制に従い、ライカ ジオシステムズが日本市場で販売するレーザー距離計 Leica DISTO™ 全製品は、計量法規定の単位(メートル)以外の表記、選択をすることが出来ません。

レーザー距離計 Leica DISTO™

 

  • 「長さ」について法定単位は「メートル」 (計量法第3条、別表第一)
  • 原則として、メートル及びその10の整数乗(センチメートル等)の単位以外の表記不可 (法第5条第1項)
  • 「非法定単位による目盛り又は表記を付したものは、販売し、又は販売の目的で陳列してはならない。 (第9条第1項)

「メートル以外の表記は出来るか?」という問い合わせを受けることがありますが、以上の法規制上、表示単位を変更することができませんので予めご了承ください。国内で販売又は販売目的で陳列することは、計量法第9条第1項に抵触すると考えられます。

 

(参考情報: 非法定単位)

非法定単位での表示の中で例外的に許容されるものとして、海面における長さの計量についての海里や土地の面積の計量についてのアール等が規定されています。(第9条第1項、第5条第2項、計量単位令第5条、計量単位令別表第六) また、計量器のうち、輸出すべき計量器や輸出用の貨物の設計・検査等に用いる計量器については、非法定単位以外の表記が認められています。(第9条第2項)。しかしながら、ライカ ジオシステムズ株式会社(日本法人)が取り扱うレーザー距離計 Leica DISTO™は、国内のみで販売されるものとしていますので、この例外に該当しない解されます。

 

計量法のレーザー距離計に関係する法規定は以下の通りです。

第9条第1項(非法定計量単位による目盛等を付した計量器)
第二条第一項第一号に掲げる物象の状態の量の計量に使用する計量器であって非法定計量単位による目盛又は表記を付したものは、販売し、又は販売の目的で陳列してはならない。第五条第二項の政令で定める計量単位による目盛又は表記を付した計量器であって、専ら同項の政令で定める特殊の計量に使用するものとして経済産業省令で定めるもの以外のものについても、同様とする。
2  前項の規定は、輸出すべき計量器その他の政令で定める計量器については、適用しない。

第2条第1項第1号
この法律において「計量」とは、次に掲げるもの(以下「物象の状態の量」という。)を計ることをいい、「計量単位」とは、計量の基準となるものをいう。
一  長さ (ほか省略)

第3条(国際単位系に係る計量単位)
前条第一項第一号に掲げる物象の状態の量のうち、別表第一の上欄に掲げるものの計量単位は、同表の下欄に掲げるとおりとし、その定義は、国際度量衡総会の決議その他の計量単位に関する国際的な決定及び慣行に従い、政令で定める。

別表第1(法定計量単位)
(抜粋)長さについては、メートル

第5条第1項
前二条に規定する計量単位のほか、これらの計量単位に十の整数乗を乗じたものを表す計量単位及びその定義は、政令で定める。

第5条第2項
前二条及び前項に規定する計量単位のほか、海面における長さの計量その他の政令で定める特殊の計量に用いる長さ、質量、角度、面積、体積、速さ、加速度、圧力又は熱量の計量単位及びその定義は、政令で定める。

第173条(罰則)
次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
一  第八条第一項若しくは第二項、第九条第一項、第十八条、第十九条第一項若しくは第二項、第四十九条第二項、第六十三条第二項、第八十五条又は第百二十四条の規定に違反した者 (以下省略)

【計量単位令】
第5条(特殊の計量に用いる計量単位)
法第五条第二項の政令で定める特殊の計量並びにこれに用いる計量単位及びその定義は、別表第六のとおりとする。

計量法

(Visited 408 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 計量法

    計量法: 表示可能な法定計量単位はメートルのみ

    ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズは、世界中で販売されています…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP