3D Disto

3D Distoを使ったモニタリングシステム

株式会社ムーヴが、3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto を使った連続変位計測システムを開発しました。モニタリングしたい場所を事前に登録しておくと、繰り返しその場所を測定します。一定時間ごとの変位計測が可能です。

例えば、下記の用途にお使いいただけます。

  • 橋脚・橋梁のたわみ測定
  • 構造物の内空変位計測
  • のり面の変位測定
  • 固定された設置物のモニタリング など…

まずは、こちらの動画をご覧ください!誰でも簡単に使うことができます。

 

システム概要


動画をご覧いただければ一目瞭然ですが、とてもシンプルなシステムです。使い方は下記の通り。

  1. モニタリングしたい点をソフトウェアに登録するために、3D Distoで測定する。(最大20点まで登録可能)
  2. スタートボタンを押すと、設定した間隔で、自動測定開始。

あらかじめ許容範囲を設定しておけば、画面の色で安全域内かどうか、判断できます。

  • 青:正常
  • 緑:要チェック
  • 黄:注意
  • 赤:警告

測定は、登録した順に繰り返されます。動作環境の設定で、何秒間隔で測定するか、トータルの測定時間は何時間か、などを決めておけば、あとは自動で測定します。

 

オプション


無線LAN対応の警告灯や掲示板を使うと、現場から離れた場所にいても、注意が必要な場合は知らせてくれます。

WLAN対応警告灯の詳細は、こちらをご覧ください。

 

3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto とは?


本システムで使用されている測定器 3D Distoは、レーザーを使って3次元測定ができる精密機器です。”3次元測定” とは、1か所から、縦・横・高さの空間情報を測定し、それぞれの位置関係を記録できるということです。

例えば、下図のように曲面があるものを測りたい場合、メジャーやレーザー距離計では、形状を正確に測定することはできません。カーブの状態を捉えることが難しいためです。
3D Distoでは、手動で大まかに測る方法と、5cm間隔、10cm間隔などと間隔を決めて自動測定する方法があります。

または、部屋を測りたい場合、下図のように赤い点で記された角を測定していくと、自動的に立体的なCADデータ(DXF形式)が完成します。

使い方のイメージは、ぜひ下記の記事をご覧ください。測定をしている動画もあります。

リノベーションの現地調査 ~レーザー測定器 3D Disto編 その1~
リノベーションの現地調査 ~レーザー測定器 3D Disto編 その2~

製品の仕様は、こちらをご覧ください。

 

お問合せ先:

本システムに関するお問合せは、直接下記へお願いいたします。

株式会社ムーヴ
神奈川県川崎市高津区二子5-8-1 第3井上ビル
Tel: 044-820-0530
Fax: 044-833-0833
email: [email protected]
http://www.movecorp.co.jp/Products/leica_sales.html

関連記事

  1. S910

    DISTO S910の使用事例 ~屋根の測定~

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910を実際に使っているユーザー…

  2. 3D Disto

    3D Distoって、どこで使われている?

    レーザー測定器 Leica 3D Distoは、類似品がない機器のため…

  3. 3D Disto

    3D Distoで墨出し:「プロジェクター機能」とは?

    3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定に加え、位置…

  4. D510

    3次元写真計測システム フォトカルク & DISTO

    株式会社アイティーティーが販売する3次元写真計測システム 『フォトカル…

  5. ユーザー事例

    NETIS登録済!コンクリート打込み管理システム

    コンクリートの大切さ普段何気なく出入りしているビルや商…

  6. 3D Disto

    3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto: V4.0 その1

    3次元測定を、3次元の画面で見ながら測定する。一見すると当たり…

人気記事 Top 5

特設ページ

●●

PAGE TOP