D510

DISTO X310 と D510 の違い、比較ポイントは?

防水のレーザー距離計をお探しの方は、Leica DISTO X310がいいのか、それともD510がいいのか、迷うところだと思います。そうでなくとも、両機種には価格差があるため、どこが違うのか?という疑問を持たれる方は多いと思います。大きな違いは、2つ。

その1. デジタル・ポイントファインダーの有無

その2. アプリ対応か否か

下記内容で、詳しく解説していきます。

1.大きな違い
2.X310とD510の共通点
3.X310のみ!2mからの落下テストクリア
4.D510は、カラー液晶画面

 

1.大きな違い

その1. デジタル・ポイントファインダーの有無

レーザー距離計の選び方』でも強調していますが、使う場所が1つの重要な判断基準です。
室内で使うのか、外でも使うのか。

外で測る場合は、デジタル・ポイントファインダー搭載のD510をお使いください。太陽光の影響で日中はレーザードットが見えませんので、この機能がないと、どこを測っているか全く分からないためです。

その2. アプリ対応か否か

D510は、Bluetoothを使ってスマートフォン・アプリに測定値を転送することができます。これまで手書きで紙に書いていた現地調査の測定メモを、アプリ上で作成することができます。

・ カーテン、窓、建具、外壁などの寸法を、写真の上に転送(値が自動で飛んできて、書き込まれます!)
・ 図を書いて、線上に寸法を転送

Leica_DISTO_App_Sketch_Screen2_pic_360x640  IMG_1555

特に写真の上にメモする方法は、測り残しがないか、一目瞭然であること、後から見返した時に測定場面がイメージできることが良い、とたくさんのフィードバックを頂いています。

使い方は、『レーザー距離計 専用アプリ DISTO sketchの使い方 第一歩』をご覧ください。とても簡単です!

対応アプリは、『レーザー距離計Leica DISTO が使えるアプリ 3選』をご覧ください。
お手持ちのスマートフォンがアプリのシステム要件に対応しているかどうか、ご購入前に合わせてご確認ください。

 

2.X310とD510の共通点

両機種とも、チルトセンサーという360°の傾斜角を測定できるセンサーを搭載しています。これにより、斜距離と傾斜角から水平距離を算出したり、高さを算出したりすることができます。

DISTO bro height tracking ILL 1203

 

機能は同じですが、結果の見え方が異なります。水平距離測定の結果表示画面を比較してみましょう。

D510はカラーの液晶画面です。レーザーオンの状態は、左上のアイコンと赤いラインで分かります。数字はくっきりとした太字です。
※解像度が低いカメラで撮影した画像のため、若干ぼやけていますが、肉眼では、もっとクリアできれいに見えます。

  

 

X310の画面はこちらです。D510と表示内容は一緒ですが、アイコンや数字のフォントが少し違います。

  X310 Display 22

 

 

3.X310のみ!2mからの落下テストクリア

X310は、レーザー距離計 Leica DISTOシリーズの中で唯一、2mからの落下テストをクリアしている機種です。他はすべて1mです。水やホコリへの耐性に加えて、落下の衝撃にも強い丈夫なモデルです。

レーザー距離計の故障原因で最多なのが、落下による破損です。よくモノを落としてしまう方に、おすすめです。

この”丈夫さ”について詳しく知りたい方は、『レーザー距離計 Leica DISTO – ロバスト性 (堅牢性)?』をお読みください。Leica DISTO X310について、詳しくはこちらをご覧ください。

弊社HP: Leica DISTO X310

 

4.D510はカラー液晶画面

先ほども触れましたが、D510の画面は、カラー液晶です。画面サイズは、X310より縦が1cmほど長いだけですが、見やすさは格段に違います。機能はアイコン表示になっていますので、どんな機能なのか一目でわかりますし、忘れた場合でも右下の?ボタンを押せば、簡易図が表示されます。

良く使う機能を2つ、トップ画面に登録することができます。ワンボタンで測定を始めることができますので、機能ボタンから毎回呼び出す必要もありません。

 D510_func  D510_ZOOM_1x

Leica DISTO D510について、詳しくはこちらをご覧ください。

弊社HP:  Leica DISTO D510

補足 : 防水について
“防水”という言葉は、実をいうと定義があいまいです。小雨の中で使うのか、水道で洗えるほどなのか。詳しく知りたい方は下記の記事もあわせてご覧ください。

『レーザー距離計は防水?: IPコードの解説』

(Visited 1,892 times, 1 visits today)

関連記事

  1. D510

    梅雨間近!レーザー距離計は、雨にぬれても測定できます。

    沖縄、奄美諸島はすでに梅雨入りし、関東圏もあと2週間を待つばかりです。…

  2. D810 touch

    DISTO S910とD810 touchの違いは?~2機種の比較~

    ライカ レーザー距離計DISTO S910と DISTO D810 t…

  3. X310

    独自のポジションを築いた根強い人気の堅牢モデル!Leica DISTO X310

    2012年5月、ライカ レーザー距離計初の堅牢モデル『Leica DI…

  4. D510

    ファインダー画面の十字とレーザードットの位置のずれ

    ライカ レーザー距離計 DISTO シリーズのカラーファインダー搭載モ…

  5. D510

    Leica DISTO D510 フォトギャラリー~製品~

    ライカ ディストシリーズの屋外用レーザー距離計 DISTO D510 …

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP