3D Disto

3D Distoで墨出し:「プロジェクター機能」とは?

3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定に加え、位置だし(墨出し)ができます。たとえば、

  • ライトを取り付けるために、天井に印を付けたい
  • 壁に階段や棚を取り付けるために、墨出しをしたい
  • 製品や機械を設置するために、床に位置だししたい

という場面で活躍します。位置だしや墨出しには、「レーザー墨出し器」や「墨つぼ」を使うことが多いと思いますが、それらとどう違うのかは記事の後半をご覧ください。まずは、3D Distoのプロジェクター機能について、概要をお伝えします。

プロジェクター機能の概要

「プロジェクター」という名の通り、レーザーを床や壁などに投影する機能です。3D Distoは、距離と水平/鉛直角度が測定できる機械のため、ピンポイントで必要な場所をレーザーで照射することができます。冒頭の写真はイメージで、実際はレーザードットが1点1点照射されます。

レーザー照射方法は、2種類あります。1つは、一定間隔での規則性がある場合の方法、もう1つは、自在にデザインしたデータを3D Distoに読み込む方法(インポート)です。

1. 格子状 / 網目状にレーザー照射

電気工事業で天井に墨出ししたいという場合や、建築業で広いホールの壁などに一定間隔で印をつけたい場合は、格子状 / 網目状にレーザー照射する方法が適しています。

たとえば下記のように、3m×3mの格子状の点を壁に照射したい場合。

間隔は自由に設定できますので、ソフトウェア上で設定した後に、レーザーで1点1点順番に照射します。これは壁の例ですが、床でも、天井でも、斜めの面でも同様に実施することができます。

2. データを作って、自在にレーザー照射

位置だししたい場所に規則性がない場合は、CADで作成したデータをソフトウェアへインポートし、レーザー照射することができます。たとえば、下記のように曲線を描くような場合です。

データを作成するという作業は発生しますが、現場での施工効率は格段に上がります。

これら2種類の方法の流れは、下記動画をご覧ください。

他のレーザー機器との違い

3D Distoのプロジェクター機能は、他のレーザー機器とどう違うのでしょうか?レーザー墨出し器、トランシット(セオドライト)、トータルステーションの3種類の機器との違いを簡単に解説します。

a) レーザー墨出し器との違い

ライカのラインナップにもLinoシリーズとして存在するレーザー墨出し器。レーザーラインが縦横に出る製品です。水平ライン、壁との垂直ラインを照射し、必要な印を付けたり、位置あわせをしたりする際に使います。

レーザー墨出し器は、主に室内で使用され、距離や角度は測りません。床や三脚の上に設置し、長さはメジャーやコンベックスで測り、本体の位置を調整します。高い精度で作業するには、5m~10mおきに本体の位置を移動させながら行います。

一方3D Distoは、ラインではなく、点の照射です。印をつけたい場所をピンポイントで照射するため、墨出し器で位置を調整したり、コンベックスで長さを測ったりする必要はありません。

平らな場所に3D Distoを置き、レーザー照射したい点を設定するか、インポートデータを呼び出せば、後は3D Distoが順にレーザー照射していきます。複雑な形状の位置だしや、天井などの高所作業の場合には、特に有効です。

b)トランシット(セオドライト)との違い

トランシット(セオドライト)のここでの定義は、

  • 水平角度と鉛直角度

を測る機器とします。例えば家を建てるとき、まっさらな土地に基準となるラインから、90°の場所に印をつけたい、という場合に使われます。

図のように、基準ラインの片方の点の真上に機器を設置し、そこを0°として設定します。その上で、90°左か右へ機器を回転させることで、基準ラインから直角のラインを出すことができます。

3D Distoは、「水平角度と鉛直角度」に加えて、

  • 距離
  • データの保存・出力

もできる機械ですが、主に室内用のため、上記のような外での敷地の位置だしや墨出しには向いていません。

c)トータルステーションとの違い

トータルステーション(光波測距儀)とは、トランシットに距離測定機能と、測定結果を保存・出力する機能を加えた機器です。測定作業を、1台でトータルに完了させることができます。

  • 水平角度と鉛直角度
  • 距離
  • データの保存・出力

トランシットとトータルステーションは、両方とも写真のような形です。町で測量士さんが使っているのを見かけたことがあるかもしれません。

3D Distoの機能は、このトータルステーションと本質的には同じです。水平角と鉛直角度を測り、距離を測り、その結果を保存・出力できます。大きな違いは、下記5点です。

  • 3D Distoは、回転するためのモーター付き
  • 三脚への据付けは不要(据付けも可能)
  • 主に室内向き(屋外での測定は20m前後、室内は最大50m)
  • Windows端末から機器を操作する
  • 誰でも簡単に使うことができる

3D Distoは、測量機と同様のことを、誰でも簡単にできるようにというコンセプトで開発された機器です。トータルステーションをご存知で、「三脚の据付がちょっと大変…」「機械に出てくる用語が難しくて…」という方でも、心配ありません。

3D Distoに関する詳しい情報は、下記の特設ページをご覧ください。

関連記事

  1. 3D Disto

    富国物産(株)のサイディング プレカットシステム、導入実績が増えています!

    以前、3D Distoの使用事例として紹介した、富国物産株式会社のサイ…

  2. 3D Disto

    ターゲットプレート Leica GZM3

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910、および3D Disto用…

  3. 3D Disto

    3D Distoの使用事例 ~富国物産㈱ サイディング・プレカットの採寸システム~

    Leica DISTOシリーズでありながら、自ら回転するためのモーター…

  4. 3D Disto

    3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto: V4.0 その1

    3次元測定を、3次元の画面で見ながら測定する。一見すると当たり…

  5. 3D Disto

    3D Distoの使用事例 ~屋外プールの改修~

    ライカの3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoの使用事例を…

  6. 3D Disto

    3D Distoって、どんな製品?

    ライカ レーザー距離計シリーズの中の最高峰『3D Disto』。ハンデ…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP