3D Disto

リニューアル版 V5.0の発売!3次元測定器 Leica 3D Disto その2

前回の記事『リニューアル版 V5.0の発売! 3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto その1』で、アップデート概要を説明しました。

今回は、V5.0から新たに導入される『CCP』というサポートプログラムについて解説します。

CCPとは、Customer Care Packageの頭文字をとったもので、ソフトウェアやハードウェアメンテナンスのための、有償アフターサービスプログラムです。

CCP には、5段階のランクがあり、製品ごとに、どのCCPを適用するかが定められています。

3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、『Basic CCP』が適用されます。

『Basic CCP』の内容は、ソフトウェア・アップデートが適用期間中に何度でも実施できるというものです。

適用期間は、

  • 1年
  • 2年
  • 3年

の中から選んでいただくことになります。詳しくは、弊社HPをご覧ください。

既に、3D Distoをご使用いただいている方が、V5.0にアップデートする場合は、この『Basic CCP』へのご加入が必要です。

 

既に3D Distoをご使用中の方

3D Disto Windows版4.0をご使用の方

V5.0へのアップデートには、『Basic CCP』へご加入ください。任意加入で、期間は選択いただけます。

3D Disto Windows版V3.0をご使用の方

V3.0からV4.0へのアップデートは、無償でご利用いただけます。アップデート方法は、弊社までお問い合わせください。
V5.0へのアップデートには、『Basic CCP』へご加入ください。

3D Disto コントローラ版をご使用の方

コントローラ版のアップデートは、V3.0まで無償でご利用いただけます。アップデート方法は、弊社までお問い合わせください。

Windows 端末をご使用になりたい場合は、myWorldより専用ソフトウェアV4.0をダウンロードし、ご利用ください。

 

これから3D Distoをご購入される方

今回リリースしたV5.0版か、旧版かを選択いただくことになります。

リニューアル版 V5.0

レーザー測定器3D Distoの内蔵WiFiが新しくなり、以前よりWiFi接続の安定性が高まります。Windows 8.1/10でも、USBなしで接続可能です。

旧版

ハードウェアは従来通りですが、ソフトウェアはV5.0をご使用いただけます。リニューアル版リリースに伴い、価格も下がっております。

ケーブル接続でも良い方、WiFi用のUSBを付けての使用で構わない方は、こちらをお奨めします。詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

新旧ソフトウェアの互換性は、下記表をご参考になさってください。

 

 

関連記事

  1. 3D Disto

    3D Distoで墨出し:「プロジェクター機能」とは?

    3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、測定に加え、位置…

  2. 3D Disto

    3D Distoの使用事例 ~室内リフォーム~

    ライカの3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoの使用事例を…

  3. 3D Disto

    リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その1~

    改装 / リノベーション時の現地調査に役立つ3次元レーザー測定器 「L…

  4. 3D Disto

    3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto: V4.0 その1

    3次元測定を、3次元の画面で見ながら測定する。一見すると当たり…

  5. 3D Disto

    富国物産(株)のサイディング プレカットシステム、導入実績が増えています!

    以前、3D Distoの使用事例として紹介した、富国物産株式会社のサイ…

  6. 3D Disto

    DISTO S910 と 3D Distoの違いは?~2機種の比較~

    レーザー距離計 DISTO S910 と 3次元レーザー測定器3D D…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP