レーザー距離計で、日焼け対策?!

5月になり、暖かく晴れが日が多くなってきました。弊社ではそのタイミングに合わせて、

「外で測定したい」
「(持っている距離計は) 屋外で見えず、使えない…」

という問い合わせが、4月頃から増えてきています。

紫外線が徐々に高まってきますので、外での作業は短時間で終わらせたいものです。

ご存知かもしれませんが、レーザー距離計をオンにした時に出る、”赤いレーザードット” は、外では見えません。

そのため、外で測る仕事がある方には、画面モニターの様に測定物が見える”カラーファインダー” 搭載モデルのご使用をおすすめしています。

詳しくは、『レーザー距離計は、外で使えない!と思っている方へ』で解説していますので、ぜひご覧ください。

「そうはいっても、何とかなりませんか?」
「少しは、見えるんじゃないですか?」

とお思いになるかもしれません。
レーザー距離計をお持ちの方は、ぜひ外へ持って行って試してみてください。

初めて購入をお考えの方は、下記写真をご覧ください。
晴れた日の日中、50~60cm離れた所からアスファルトに向かってレーザーを当てた写真です。

どこに当たっているか分かりますか?

写真の中央に、薄い赤い点があるのですが、ほとんど認識できません。1m以下でもこのような状況です。

誤解がないように記すと、「測定できないのではなく、どこに当たっているか分からない」ということです。

「どこを測っているか不明なため、測れない!使えない!」ということになるんです。変な所にレーザーが当たっていると、エラーになり測れませんので…

曇りの日や夕方は、レーザードットが見えます。その場合は、外でも測定できます。

時間の融通が利く方はいいですが、多くの場合、天候や時間によって制限があると、仕事にならないものです。

そのため、機種選定のお問合せを頂いた際は、まず何よりも先に、「外で測定作業をするかどうか」をお聞きしています。


測定作業にメジャーをお使いの場合、2人がかりで測ったり、時には高所作業車などを使ったりなど、時間・労力・お金が必要になります。

外での作業時間が長ければ長いほど、紫外線を浴びることになりますので、対策をされていない方には体にも良くないです。

レーザー距離計でピッと測って、短時間で作業を終えましょう!

屋外・屋内兼用モデルのスタンダード『Leica DISTO D510』の解説付きイメージ動画に、外で使っている様子が分かりやすく紹介されています。ご覧ください。

ファインダーは、2種類あります。

  • デジタル ポイント ファインダー (ライカ採用)
  • 光学ファインダー

ライカ のレーザー距離計 DISTO (ディスト)シリーズが採用している「デジタル ポイント ファインダー」と、他社製の「光学ファインダー」には、雲泥の差があります。

ご検討の際には、下記もご参考になさってください。

光学ファインダー、デジタルファインダーの違い