DISTOで1時間以上の自動測定モニタリング

Bluetooth付きのレーザー距離計 「Leica DISTO」(ライカ ディスト)は、一定間隔で自動測定した測定値を、Windows タブレットやPCに取込めます。

「3秒おきに40~50分間、連続でExcelに転送し続けられますか?」

というお問合せがありましたので、実際に試してみたところ、1時間以上、連続で測定できました。今回は、その手順をご案内いたします。

必要なもの

  1. Windows 8.1以上のタブレットまたはPC
  2. 専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」
  3. Bluetooth付きレーザー距離計 Leica DISTO
    (DISTO D1 / D110 / D2 / D810 / S910 のいずれか)
    ※DISTO D510 は本機能が使えません。ご注意ください。

専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」のダウンロードは、こちらからどうぞ。

 

手順

あらかじめ、ご使用のWindows タブレット/PCに、専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」をインストールしておいてください。

1.まずは、レーザー距離計とWidnowsタブレットを、Bluetoothでつなぎます。

レーザー距離計の電源を入れ、”Bluetooth デバイスの表示” を開いてください。

初回のみ、ペアリング設定を行ってください。動画でも手順を解説しておりますので、ご覧ください。

 

2.次に、ソフトウェアを起動し、自動測定の設定を行います。

起動後、ソフトウェアの拡大ボタンを押すと、画面サイズが変わり、複数のタブが表示されます。

その中の「Function」タブを選択し、ボックスにチェックを入れ、希望の測定間隔に設定します。今回は、3秒とします。

 

3.自動測定開始

チェックボックスにチェックを入れると同時に、自動測定が始まっています。「Measurement Record」に、測定結果が記録されていきます。

このまま、希望の時間まで待ちます。
10:09に開始しました。

約1時間後….

11:08の記録が残っています。

画面右下の「Run Excel」を押すと、全記録がExcelで入手できます。

※リアルタイムで、Excelへ転送したい場合

あらかじめExcelを起動しておき、その後、自動測定の設定を行います。設定後は、Excelの転送したい場所をクリックすると、データが入ってきます。

下記動画をご覧ください。