チルトセンサーのキャリブレーションは、音付きで!

ライカのレーザー距離計 DISTOシリーズには、本体の傾き具合を検出するチルト(傾斜)センサー付きモデルが4種類あります。

  • Leica DISTO X310
  • Leica DISTO D510
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

このセンサーは、水平かどうか、何度傾いているかを知りたいときにも使いますが、離れた所から高さや高低差を測る際にも使っています。

チルトセンサーについて詳しくは、『チルト(傾斜)センサーとは?』をご覧ください。

このセンサーが正しく動作しているかどうか、チェックする方法を “キャリブレーション” と言います。本体を水平に置いたり、回転させたりして、精度を確かめます。

今回は、このキャリブレーション方法をご紹介します。

「最近、若干精度が落ちてきたような…」
「しばらく使っていない…」

という時に、お試しください。

 

ビープ音の設定

キャリブレーション中は、ピッピッピッ、という音がなり、次の順序へ進むようになっています。

そのため、音を消していると、うまく行かない場合があります。キャリブレーションを始める前に、設定画面からビープ音をオンにしてください。♪のマークが目印です。

 

キャリブレーションの手順

では、実際にキャリブレーションを行ってみましょう。下記モデルの場合を解説します。

  • Leica DISTO D510
  • Leica DISTO D810 touch
  • Leica DISTO S910

※レーザー距離計 DISTO X310をお持ちの方は、後半の「DISTO X310の場合」ご覧ください。

  1. まず、設定画面からキャリブレーションモードを選びます。
  2. すると、下記画面になります。レーザー距離計を水平なテーブルや床の上に置き、DISTボタンを押します。
  3. 次は、同じ場所で、レーザー距離計本体のみ180°回転させます。距離計置き位置を上下逆にする、ということです。そして、DISTボタンを押します。
  4. 今度は、本体を台と垂直に立てます。レーザーが出ている方を天井に向け、DISTボタンを押します。
    (一部マニュアルには、レーザーが出ている方を下に向ける絵が載っていますが、どちらでも構いません。)
  5. 先ほどと同様に、立てたまま180°回転させて、DISTボタンを押します。
  6. 最後に、チェックマークが出れば無事完了です。

各工程は、マニュアルに画像とともに載っていますので、参考にしてください。下記は、D810 touch の例です。

DISTO X310の場合

レーザー距離計 DISTO X310は、他モデルの様に画像が表示されません。文字であらわされるので、少しわかりにくいかもしれませんが、マニュアル通りに進んでいただければ、簡単にできます。

手順の流れは、上記同様です。下記マニュアルを参考に、お試しください。