測定値を、スマホやタブレットに送る方法 – Androidアプリ

「レーザー距離計で測った数値だけ、転送したいんだけど…」
「距離計の値だけ送れるアプリ、ありますか?」

こんなお問合せを、数か月に1回ほど、コンスタントにいただきます。ライカのレーザー距離計は、現行モデルのほとんどがBluetooth付きで、Windows、iOS、Android端末へ計測結果を飛ばせるようになっています。

今回は、Android端末のみのアプリ「Leica DISTO transfer BLE」を使って、測定結果のみをスマホやタブレットに記録する方法をご紹介します。

 

準備するもの

  • Bluetooth付きのレーザー距離計 DISTOシリーズ
  • Androidのスマホかタブレット

2017年4月28日現在、DISTO X310、3D Disto 以外の6機種にBluetoothが付いています。測る場所(室内か屋外か)や、得たい情報(直線距離、水平距離など)に応じて、機種をお選びください。

「Leica DISTO transfer BLE」は、Android端末にのみ対応しています。iOSでは使えませんので、ご注意ください。

アプリのダウンロードは、こちらからどうぞ。

 

測定値を送る

このアプリは、Excelへ値を転送していきます。下記図のように、アクティブになっているセル上へ、測定値が入っていきます。

写真の上にメモしたり、方眼紙のようなグリッドに間取り図を書いたりするアプリ「DISTO sketch」は別にありますが、値だけ欲しい!という方には、こちらのアプリが最適です。

使い方は、下記動画をご覧ください。大まかな流れはこちら。

  1. アプリ起動、DISTOの電源ON
  2. Bluetooth接続
  3. 測定と同時に値転送

転送する値の単位を変えることもできます。m、cm、mmから選択します。

転送したファイルを保存し、メールで送ることもできます。

 

スマホから測定する

レーザー距離計を床や棚の上に置いて、アプリから測定ボタンを押して測ることができます。手ブレによる測定値の変動を防ぐことができます。

 

iOSを使いたい!という方

対応機種は、DISTO D810 touch / S910の上位2モデルに限りますが、iOSのメモ帳アプリやその他アプリに、測定値を転送することができます。

“キーパットモード” という機能で、専用アプリが不要のデータ転送方法です。詳しくは、下記をご覧ください。

iPadのメモ帳アプリに、測定値を送る!

 

Windowsタブレットでも構わない方

WindowsタブレットやPCを使っても構わない、そちらの方がいいという方は、専用ソフトウェアを使って測定値の転送ができます。

Windows 8.1以上に限りますが、時刻を一緒に送ったり、一定間隔の自動測定ができたりします。詳しくは、下記記事をご覧ください。

Windows へ測定値を送る