DISTO S910の使用事例 ~屋根の測定~

ライカ レーザー距離計 DISTO S910を実際に使っているユーザーの声をご紹介します。アメリカ合衆国で、住宅の屋根に設置するソーラーの施工を手掛ける『Newport Solar』という会社です。

 

 

社長さん曰く、

「DISTO S910によって、”安全に” 測定作業ができるようになったこと」

が、最も大きな収穫だそうです。経営者としては、従業員の安全を守ることはとても重要なことです。レーザー距離計 Leica DISTO S910を使うことで、

  • 屋根に上らなくても正確な測定ができる!
  • 従業員の安全を確保できる!

これらについて、実際に代表取締役自ら語っている動画をご覧ください。(英語のため、下記に続く解説をご参考になさってください。)

この会社は、従来は下記のように、はしごを持っていき、

はしごを建物に立てかけ、巻尺で屋根の流れは何cmか測っていました。

出窓がある場合はその位置を測ったり、入り組んだ形をしている場合はその状態通りに細かく測定したりと、作業に時間がかかっていたそうです。

屋根に上って測定することもあります。

この動画を作成した当時、2014-2015年の冬は、雪が多い年で、測定作業も難航したそうです。

DISTO S910が世に出たのは、2015年3月。それ以来この会社では、S910を使って、離れた場所から測定作業を行っています。

精度は、10mで±10mmの精度、それ以上離れる場合はさらに落ちますが、ソーラーの施工には全く問題ないレベルの正確さだそうです。

  • 従業員が、安全に測定作業をできるようになったこと

何よりも、これが得られたことが良かったと、何度も動画でお話されています。

この会社が使っているS910の機能は、DXFデータキャプチャ。測定結果がDXF形式で保存・出力され、測定箇所の写真を同時に撮影していく機能です。

下記写真の様に、屋根の形に添って、一筆書きをする要領で測定していくと、測った点が順番に線で結ばれていきます。

詳しい使い方は、下記動画をご覧ください。

ユーザー情報:
アメリカ合衆国 ロード・アイランド州のソーラー会社
Newport Solar
http://newportsolarri.com/