3D Disto

3D Distoって、どこで使われている?

レーザー測定器 Leica 3D Distoは、類似品がない機器のため、購入を検討しているユーザーだけでなく、取扱代理店・商社の営業担当者からも、問い合わせが入ります。

「3D Distoって、どんな所で使われているんですか?」

日本では、建築関係での実績だけでなく、それと並んで多いのが、製造業からの引き合いです。下記に詳しくご紹介します。

 

1)工場

「製造したものが、設計通りにできているのか?」

これを確認するための測定ツールとして、多くの工場で3D Distoが採用されています。

製造途中での経過測定、完成後の検査など、メーカーであれば厳密に試験した後で出荷してています。どのような測定方法であれ、長らく採用されてきて、品質も確保されているやり方がそれぞれの工場であると思いますが、

「測定データを残したい」
「作業効率を上げたい」
「3次元の位置関係はどうしてもメジャーでは限界がある」

といった理由で、3D Distoでできないのか?と相談があります。カーブがある素材や、円形のもの、板など、測る対象物は様々です。

多くはまず、品質管理担当者から弊社に問い合わせがあります。

ハンディタイプのレーザー距離計 DISTOシリーズをご使用の工場も多いため、「DISTO S910で、mm単位の測定ができますか?」と聞かれることもあります。

精度や測定範囲、場所などを聞いたうえで、3D Distoが適切であることを伝え、どう使うのか、ということをご紹介しています。

 

2)設計事務所・工務店

設計事務所や工務店での用途は、リノベーションやリフォーム前の現地調査です。まさに3D Distoの開発段階から想定されていたユーザーです。

3D Distoは、測定結果が3D CADデータになりますので、測定と同時に概略のCAD図ができあがります。

現地での測定から行っている設計事務所で、採用されています。

 

3)建設会社・設備会社

建設会社といっても日本の場合は幅広いですが、ゼネコンから小規模も建設会社まで、広く採用されています。

規模が大きい建設会社の場合は、一部分の測定やモニタリングセンサーとして、小規模の建設会社は、設計事務所と同様の用途で使われています。

空調関連の設備を取扱う会社では、それらの納入前に現地を測定したり、施工の際の位置だし(墨出し)に使われたりしています。

 

4)建設資材メーカー / 商社

住宅や建造物に使われている建築資材を製造するメーカーやそれらの資材を取扱う商社では、素材の設置(施工)前の現地調査ツールとして、3D Distoが使われています。

サイディング・プレカットのための測定が、一例です。

 

5)研究機関

これから世に出る製品のために、研究開発をしている機関でも3D Distoが使われています。新しいアイディアを実現するため、試作品を測定するためなど、用途は様々ですが、大企業のR&D部門、独立した研究機関などで採用されています。

 

6)その他

上記の大枠に当てはまらない、大学や企業も数多くあります。思いもよらない会社から問い合わせがあったり、そんな所も測るんですか?という驚きの事例もあります。

 

いかがでしたでしょうか。今後は、動画や写真を交えて事例の紹介を行っていく予定です。

関連記事

  1. 3D Disto

    ターゲットプレート Leica GZM3

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910、および3D Disto用…

  2. 3D Disto

    3D Distoの使用事例 ~富国物産㈱ サイディング・プレカットの採寸システム~

    Leica DISTOシリーズでありながら、自ら回転するためのモーター…

  3. 3D Disto

    3D Distoを使ったモニタリングシステム

    株式会社ムーヴが、3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto …

  4. 3D Disto

    リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その1~

    改装 / リノベーション時の現地調査に役立つ3次元レーザー測定器 「L…

  5. 3D Disto

    3D Distoって、どんな製品?

    ライカ レーザー距離計シリーズの中の最高峰『3D Disto』。ハンデ…

  6. 3D Disto

    DISTO S910 と 3D Distoの違いは?~2機種の比較~

    レーザー距離計 DISTO S910 と 3次元レーザー測定器3D D…

人気記事 Top 5

特設ページ

●●

PAGE TOP