選び方

屋外用レーザー距離計の選び方

屋外測定に対応しているレーザー距離計 Leica DISTOシリーズは、4機種です。すべて、デジタルポイントファインダーを搭載しています。その中で、あなたにあった機種の選び方、おすすめの機種をご紹介します。

やりたいことは何? あなたに適した機種
・直線距離測定
・高さ測定
・高低差測定
・水平距離測定
・スマホと使い、メモのデジタル化
DISTO D510
または
DISTO D810 touch
・ほこりが多い現場で使いたい DISTO D510
・横幅測定
・自社アプリ/ソフトにデータを転送したい
DISTO D810 touch
・概算でいいから、2点間距離を測りたい
・測ったデータを図面化したい
・PCに座標値を送りたい
DISTO S910
・高精度 (±[email protected]) の3次元測定 / 図面化
・設計データを使って位置だし / 墨出し
・座標値を取得したい
3D Disto

下記に、詳しく説明していきます。

 

D510 または D810 touch が適している方

下記のどれかに当てはまる方です!

1.直線距離測定

D510_CARPENTER_LENGHT_LASER

・ 屋外で、直線距離を測る方。建物までの距離、土地の面積 (縦×横) など
※DISTO単体での測定範囲は、100m前後とお考えください。100m以上の測定には、別売のA4ターゲットプレートを2枚以上お使いください。

 

2.水平距離測定

disto-bro-smart-horizontal-mode-ill-1203

・ 塀や間仕切りがジャマで、その奥までの距離が測れない…と思っていた方
・ 三平方の定理で水平距離を計算していた方

測定対象物までの間に、間仕切りや塀があっても、斜めの1点を測定することで、斜距離と傾斜角から「水平距離」を求めます。詳しくは、『水平距離測定とは?』をご覧ください。

 

3.高さ測定

disto_高さトラッキング

・ 離れた所から、高さを測りたい方

【条件】 測定対象が一直線上にあること
例: 建物の高さ、木の高さ、高所の窓や看板などの高さなど

1点目は斜距離と傾斜角、2点目は斜距離のみから高さを算出しているので、レーザーが透過する可能性のある木の上部も測定でき、木の高さが測れます。詳しくは、『高さトラッキング機能とは?』をご覧ください。

 

4.高低差測定

DISTO height profile 高低差_高さプロファイル

・ 基準からの高低差を測りたい方
・ 簡易的にレベル (高低差) を知りたい方

例: 地面から建物までの高さ、コンクリート面の高低差など

高さを測りたい場所が一直線上にない場合でも、基準を決めて、そこからの高低差を測定できます。詳しくは、『ハイト・プロファイル機能とは?』をご覧ください。

 

5.スマホと使う、測定メモのデジタル化

・ メモの電子化ができれば…とお考えの方
・ スマートフォンを使いこなしている方
・ メモをなくしてしまう方
・ メモの字が読めません!と言われる方

Bluetoothを使って、スマホに測定値を飛ばします。撮影した写真の上や、マス目に描いた図の上に、値をスライドさせればメモの完了です。写真と一体となった測定記録が残せるので、社内共有のためのメモや、ちょっとした記録に最適です。

アプリの使い方は、下記記事に詳しく解説していますので、ご参考になさってください。

 

D510?D810 touch??

共通する機能が多いD510とD810 touchですが、どちらがいいのでしょうか。下記記事では、比較ポイントを挙げて解説していますので、ご参考になさってください。

 

D510が適している方

disto-d510_ip65

・ 粉塵が多い現場で使う方
・ 水にぬれる可能性がある方
・ 小雨の中でも使いたい方

D510は、水と埃に強いIP65仕様の丈夫なモデルです。上記環境で使うことが多い方は、D510をおすすめします。『IP65』はどういう規格なのか、詳しくは、『レーザー距離計は防水?IPコードの解説』 をご覧ください。

 

D810 touch が適している方

D810_TOUCH_KEYVISUAL_2

・ 離れた所から、横幅を測りたい
・ 離れた所から、面積を測りたい
・ 自社アプリに測定値を飛ばしたい

レーザー距離計の進化の歴史は、「横幅測定の歴史」でもあります。ピタゴラス測定は誤差が大きく、仕事で使えるレベルではないため、それにとって代わる測定方法が長らく望まれていました。

現在は、DISTO S910も選択肢の一つですが、DISTO D810 touchは、写真のピクセルと対象物までの距離から長さを算出する、「写真を使った測定」という方法で簡易的に横幅を求めることができます。

1. 写真を使った横幅測定

d810_photo

DISTO D810 touchには、カメラが付いています。対象物の正面に立ち (大事なポイント!)、一度だけ測定します。測定と同時に写真を撮るので、あとは画面上で幅を合わせるだけです。

画面はタッチパネルなので、スムーズに操作できます。横幅だけなく、同じ要領で長方形の面積や、円の直径も算出することができます。詳しい操作方法は、『写真を使った測定とは?』をご覧ください。

【四角形の面積】
【円柱の直径】

 

2. 自社アプリ/汎用アプリに測定値を飛ばしたい

自社開発のアプリ、またはExcelやメモ帳アプリなどへ値を飛ばしたいという方は、DISTO D810 touchのキーパッドモードをご使用ください。特別な開発をする必要がなく、レーザー距離計のデータ転送が可能です。一例として、iPadのメモ帳アプリに測定値を転送している動画があります。下記をご覧ください。

DISTO D810 touchの仕様やカタログは、弊社HPをご覧ください。

 

S910が適している方

S910_KEYVISUAL_PTP_V2

・ 概算でいいから、2点間距離を知りたい
・ 測ったデータを図面化したい
・ PCに座標値を送りたい

DISTO S910は、ハンディタイプのレーザー距離計としては唯一、水平方向の角度を感知するセンサーが搭載されています。これにより、位置情報を3次元の座標データ 【X(縦), Y(横), Z(高さ)】で捉えることができるようになりました。

この技術を使って、離れた所から簡単に2点間測定ができます。

 

1.2点間距離測定

対象物の正面に立たなくても、レーザーが当たれば、どこでも測れます。高低差があっても、奥行きがある場所も。(従来のピタゴラス測定、写真を使った測定と大きく違う点です!)

 

2.測定値を図面化する

S910_SMART_AREA_ROOF_NEW_2015測定した結果が、DXF形式のCADデータに自動変換されます。最大で1ファイル30点まで測定ができ、20ファイル保存することができます。出力されるDXFデータは、3種類。
-2D平面図
-2D立面図 (1点目と2点目が水平方向に10cm以上離れている場合のみ)
-3D図

 

3.PCに座標値を送る

DISTO_S910_CAD_PLUGIN_ライカ レーザー距離計

測定した結果が、リアルタイムでPCへ転送されます。WLAN版ソフトウェア Leica DISTO transfer を使い、WLANでデータを飛ばします。

S910の特長的な機能の使い方について、『レーザー距離計 DISTO S910 の使い方動画集』でまとめておりますので、ご覧ください。仕様の詳細、マニュアルのダウンロードは、弊社HP からどうぞ。

 

3D Distoが適している方

3d_disto_tablet_roomscan

・ 正確な3次元測定をしたい
・ 作った製品が設計通りにできているか、チェックしたい
・ 設計データをもとに、現場に墨だししたい

一言でいうと、3D Distoは、DISTO S910のパワフル版というイメージです。測定精度はS910より高いです。 (±[email protected]) できることは、高精度の3D測定と位置だしです。

※屋外での測定は~25m程度までになります。それ以上の距離を測る場合は、トータルステーションをご検討ください。

 

1.測定 & データ出力

測定箇所にレーザーを当て、正確な3次元測定ができます。1か所ずつ狙って測定していく方法と、点間隔を指定して水平方向・縦方向の自動測定をする方法があります。

日本では、建設業に加え、製造業での完成品検査に使われる事例が多いです。

3D Disto_データ出力

測定結果は、DXF形式CADデータと、CSV/テキスト形式の座標データが自動生成されます。

 

2.位置だし / 墨だし (プロジェクター)

位置だしする間隔が一定であれば、格子状や網目状にレーザー照射していくことができます。また、2Dの設計データを機器にインポートして、位置だしすることもできます。天井や床の墨出し作業に最適です。

3D Distoについては、特設ページがあります。製品概要や事例、S910との違いなどを解説していますので、ご覧ください。

弊社HPの製品ページ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋外用のレーザー距離計は、様々な用途に対応するために、多くの機能を有しております。どれがいいのかよく分からないな…という方は、用途とともに、お問い合わせページよりご連絡ください。最適なモデルをご案内いたします。

(Visited 5,435 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 選び方

    レーザー距離計の選び方 ~ 比較のポイント ~

    「レーザー距離計」と検索すると、1万円前後の機種が写真入りで出てきたり…

  2. 選び方

    室内用レーザー距離計の選び方

    室内でのみ、ライカのレーザー距離計をお使いの方は、下4つが候補となりま…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP