Leica DISTOとEMC (電磁両立性)

EMC(電磁両立性)???

近年、電子機器から発生する電磁波が問題となり、製品が「EMC(電磁両立性)」試験をクリアしているかは、社会的に重要なこととなっています。

ライカのレーザー距離計は、多くの工具、機器がある建築現場、住宅やビルのリフォームやリノベーション、オフィスの改装、公共機関の建造物(たとえば、病院、公官庁など)の改修・メンテナンス調査、工場、研究開発施設、官公庁の業務で採用されていますので、EMC試験に合格した製品作り、販売をしてきました。

しかし、EMCに関して、上記のような使用環境があるにも関わらず、日本ではほとんど考慮されずに、販売、購入されているのが現状です。

企業倫理にも関係するかもしれませんが、現在、インターネットやホームセンターで販売されているレーザー距離計の中には、EMCについて、マニュアル等に何も記載されていないレーザー距離計が、安価な価格で販売されているのが多数見られるのも事実です。

まずは、EMCの概略を記した下記図をご覧ください。

 

そもそも、EMCとはなにか?

ですが、わかりやすい説明が検査機関新規の一つであるUL Japan社のホームページに記載されているので、ご案内します。

『近年、家庭や工場において電子機器が多数使用されるようになり、電子機器から発生する電磁波が他の電子機器に妨害を与える問題が起きています。このような妨害を電磁波妨害(EMI : Electromagnetic Interference)と呼びます。世界各国では、EMIに対して各種の規制を設けています。
一方、その電子機器がどれだけ外部からのノイズに耐えられるかも重要になってきています。これをノイズ耐性(イミュニティ : Immunity)と呼び、電子機器の電磁感受性(EMS: Electromagnetic Susceptibility) とも呼ばれています。

このように電子機器には、ノイズ源となって他の電子機器に影響を与える可能性と、周囲の電子機器が発生するノイズの影響を受ける可能性の二面性があります。これらは、どちらか一方だけの対策を行えばよいというものではなく、両者のバランスが大切です。

電子機器が電気で動作している以上、周囲に電気的ノイズが発生するのは当然であり、動作速度が高速化すればするほど、ノイズの発生は増大します。これらのノイズは、対策を施して低減させることになりますが,、電子機器自身の耐ノイズ性を高めることができれば、多少のノイズがあっても正常に動作することが可能となります。

機器などの動作を妨害するような電磁妨害波をいかなるものに対しても与えず、かつ、電磁環境の妨害に耐えて満足に機能するための装置あるいはシステムの能力をEMCといいます。』(参照: UL Japanホームページ)

つまり、EMC(電磁両立性)の試験は、EMI(電磁波妨害)とEMS(電磁感受性)の両方の基準をクリアしていなければならず、製品を開発する上で、市場で販売する上で、避けて通れないこととなっています。

ライカ ジオシステムズでは、どのレーザー距離計を選ぶべきか迷った時は、EMCの記載がマニュアルにあるかどうかも注意して使用することを推奨しています。(ライカの製品は、全てEMCの試験に合格しています。)