専用アダプター、どれを選べばいい?

ライカ レーザー距離計 DISTOシリーズには、専用のアダプターがあります。三脚に取り付けて使うことで、ねらいを定めやすくなり、精度が高まります。

機種によって、使い方によって、何種類ものアダプターがありますので、どれがいいのか、欲しい機種に対応しているアダプターはどれなのか、よく質問を受けます。

一覧表にまとめましたので、参考にしてください。

 

DISTO D810 / S910 ご検討中の方

DISTO D810 と S910は、見た目は似ているものの、できることが大きく違います。それにより、アダプターもS910は専用のものを用意しています。

どう異なるのかの比較は、『レーザー距離計用アダプター FTA360 & FTA360-S』をご覧ください。アダプターの解説に加え、三脚、変換キットの説明もあります。

変換キットとは、既にFTA360をお持ちの方向けのアクセサリーです。D810 touch を取り付ける台の部分のみをはずし、S910用に付け替えるセットです。

 

DISTO D510 ご検討中の方

DISTO D510は使えるアダプターが多いので、どれがいいのか比較したい、おすすめを教えてほしいというお問合せが多いです。一番人気があるのは、微調整ネジ付きのFTA360です。

詳しくは、『ライカ レーザー距離計 DISTO D510で使えるアダプター』にまとめましので、ご覧ください。

 

三脚

アダプターは、三脚に取り付けて使う方がほとんどです。カメラ用三脚の1/4インチネジであれば、どんな三脚にもアダプターを取り付けることができます。

ただ、足の細いもの、ぐらつきやすいものもありますので、弊社の三脚もご検討ください。詳しくは、『ライカ レーザー距離計用 三脚』をご覧ください。

 

パッケージ

DISTO D810 touch  / S910 は、アダプターと三脚がセットになったパッケージの販売を行っています。アダプターのご購入を検討されている方は、パッケージという選択肢もありますので、参考にしてください。

DISTO D510は、パッケージとしての販売はありません。ただ、パッケージケースの別売りはしておりますので、ケースには下記を収納できます。

  • Leica DISTO D510
  • 三脚 TRI70
  • アダプター FTA360

※ TA360、LSA360、LSA360-Sを収納するためのパッケージは、ご用意がありません。