DISTO S910用 新アクセサリーの使い方

3次元で測定ができるレーザー距離計 DISTO S910に、新アクセサリーが登場です。S910以外のレーザー距離計には、”エンドピース” という本体裏に折りたたまれたパーツがあり、角や溝からの測定ができるようになっています。

S910には、スマートベースがある代わりに、この “エンドピース” が付いていません。そのため、

「通常のレーザー距離計として使う場合、角から測りたい」
「本体が入らない細いみぞからも、計測できたらいいのに…」

というご要望にお応えしたのが、今回の新アクセサリーです。三脚ネジ穴にアクセサリーを取り付け、「その先端から測定する」という設定をするだけです。

動画に使い方をまとめましたので、ご覧ください。

簡単に、動画の内容を解説します。

 

1.準備

3D レーザー距離計 DISTO S910本体の”FUNC” ボタンを押し、測定位置変更のアイコンを選びます。中央のDIST アイコン上にあります。

そして、アダプターを選びます。

トップ画面の左上が、アダプターアイコンになれば設定完了です。

 

2.アクセサリーの取り付け

あとは、アクセサリーをS910本体の三脚ネジ穴に取り付けるだけです。

2016年12月出荷分より、DISTO S910 単品およびDISTO S910 パッケージに同封しています。