D810 touch

iPadのメモ帳アプリに、測定値を送る!(キーパットモード)

ライカ レーザー距離計 DISTO D810 touch と DISTO S910 は、iPhoneやiPad と直接Bluetooth 接続して、データを送ることができます。例えば、メモ帳アプリや社内で独自開発されたアプリなどです。

『レーザー距離計 Leica DISTOが使えるアプリ 3選』で紹介している以外の、どのアプリでも構いません。ただし、Android デバイスには、転送できません。iOSのスマートフォンかタブレット、もしくはWindows 8.1以上のデバイスでも可能です。弊社では、この機能を “キーパットモード” と呼んでいます。

レーザー距離計 DISTO D810 touch を使って、iPad mini のメモ帳アプリに測定値を転送している動画があります。ご覧ください。

この機能は、特別にアプリの開発をしなくても、測定値をそのままデバイスに転送できる点が特長です。

  • レーザー距離計の測定値をアプリに送りたい
  • 既存アプリに測定値を飛ばしたい

というお問い合わせの際、ご紹介しています。

 

1. DISTOの設定

DISTO本体の設定をします。FUNCボタン、設定ボタンから、Bluetoothアイコンを選びます。すると、下記画面が表示されるので、1番目か2番目を選んでください。上は、単位なしの数値、真ん中は単位付きの数値が転送されます。

 

 

 

 

 

 

2.端末のBluetoothをオン

スマートフォンやタブレットにある”設定” アプリから、BluetoothをONにします。すると、レーザー距離計が検出されますので、接続します。

接続が確立すると、画面が下記の様に切り替わります。

3.転送したいアプリを起動し、測定

あとは、測定し、Bluetoothボタンを押して転送するだけです。アプリを起動し、測定値を入れたい場所を選択します。そして、レーザー距離計で測定。画面に測定値が表示されるので、Bluetoothボタンを押すと、転送されます。

(Visited 304 times, 1 visits today)

関連記事

  1. S910

    Leica DISTO S910 の使い方動画集

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910 の特長的な "コア機能"…

  2. S910

    HEADベストセレクション賞2015授賞 – Leica DISTO™ S…

    2015年5月に発売開始した3次元座標測定が可能なレーザー距離計 Le…

  3. D810 touch

    イメージ動画を詳細解説!Leica DISTO D810 touch

    ポルシェに乗ったイケメンが、ライカのレーザー距離計 DISTO D81…

  4. D810 touch

    測距時のブレを抑える方法: タッチスクリーン、タイマー

    10年以上に渡り、多い問い合わせとして、「ボタン操作時に、レーザーが動…

  5. S910

    DISTO S910のユニークさ – 他レーザー距離計との違い

    ライカのレーザー距離計 DISTO S910。ライカ製、他社製含め、他…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP