S910

レーザー距離計 DISTO S910で、300m測定!@新宿御苑

ライカ レーザー距離計 DISTO S910の測定範囲は、最大300m!DISTO史上最長の測定範囲です。ただし、外で測る場合は太陽光の影響、対象物の面の具合により測定範囲が狭くなりますので、60~100mとご案内しております。

「そうはいっても、300m、本当に測れるの?」

はてな

 

という疑問、あると思います。今回は、そのギモンに応えるべく、新宿御苑で300m測定した結果をお伝えします!

まず準備するものは、A4サイズの長距離測定用ターゲットプレート「Leica GZM26」×4枚。別のターゲットプレートでは、300m測定は実現できません。ご注意ください。

1枚では足りませんので、養生テープで4枚張り合わせます。茶色い面が表になるようにしてください。今回は、苑内にちょうど良い三角コーンを見つけましたので!、下記写真の様に、もたれかけるように置きました。

a4-target-plate-Leica DISTO

これで準備完了、測定開始です!

DISTO D810_屋外測定_1

随分離れたな…と思って測ってみると、まだ190mでした!さらに遠くへ行きます。

DISTO D810_屋外測定_2

ズームは最大です。茶色のターゲットプレートがある、ということは小さいながら分かります。

DISTO D810_屋外測定_3

ついに、300m超え!
写真ではよくわかりませんが、4倍ズーム(最大)で、おぼろげながらターゲットプレートの茶色が判別可能です。

測距時間は、1秒から2秒かからない程度なので、「何度やってもなかなか測れない…」というストレスはなく、測定できます。

今回は三脚を使わず、レーザー距離計 DISTO S910を手に持って測りましたので、タイマー(5秒)設定して、測距するとちょうどいい具合です。カウントダウン中に、本体がぶれないように心の準備ができます。詳しくは、『タイマー機能の使い方』をご覧ください。

予め、どこに、どんな高さでターゲットプレートが置かれているか、分かった上で測定することをお奨めします。離れてから探そうとすると、難しいです。

a4-target-plate-Leica DISTO

・ターゲットプレート4枚
・芝生の上の三角コーンにもたれかけてある

ということが分かっているので、しゃがんだ体勢で、その高さに機器を合わせて測定すると容易に測ることができました。

 

屋外測定の基本事項ですが、

「肉眼ではターゲットの視認は出来ない」

ということに変わりありません。また、

「ターゲットプレートにレーザーが当たっても、当たっているかどうか分からない」

のが実情です。100m以上の場合、測定できれば、ターゲットプレートにあたっているということです。

300m測定地点から、ターゲットプレートがある方向を撮影した写真です。レーザー視認どころか、ターゲットがどこにあるのかを見つけるのも至難の業です!

gyoen_2

測定した場所は、イギリス風形式庭園の芝生エリアです。

gyoen_map

 

(Visited 273 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 3D Disto

    ターゲットプレート Leica GZM3

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910、および3D Disto用…

  2. S910

    DISTO S910用 新アクセサリーの使い方

    3次元で測定ができるレーザー距離計 DISTO S910に、新アクセサ…

  3. S910

    AutoCAD 2018でも使える!DISTO S910の測定結果がリアルタイムで描画

    2点間距離や3次元の位置関係を測定できるライカのレーザー距離計 Lei…

  4. 3D Disto

    DISTO S910 と 3D Distoの違いは?~2機種の比較~

    レーザー距離計 DISTO S910 と 3次元レーザー測定器3D D…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP