DISTO S910のユニークさ – 他レーザー距離計との違い

ライカのレーザー距離計 DISTO S910。ライカ製、他社製含め、他のあらゆるレーザー距離計と一線を画す製品です。長らく、「こんな製品があったらいいのになぁ…」と、思われていた画期的なモデルです。類似品もありません。

何が違うのか、どんな特長なのか、ご紹介します。

誰でも簡単にできる!離れた所からの距離測定

離れた所から、ピッピッとレーザーを当てて、長さを測る。言葉にすると、とてもたやすく聞こえますが、まさにこの通りのことを、誰でも気軽にできる機器が、レーザー距離計 DISTO S910です。

下図をご覧ください。横幅、高さ、面積、奥行きのある斜めの長さ、などなど、レーザーが当たれば、どこでも長さが測れます。

 

レーザー距離計 DISTO S910

disto-s910-p2p-1

 

他のDISTOシリーズは…

disto-others-1

DISTO S910以外のレーザー距離計 で、離れた所から長さを測る場合、上図の通り、対象物の正面に立つのが必須です。斜距離、傾斜センサー、写真のピクセルなどから、三平方の定理を使って値を算出するためです。

これが、大きな違いです。DISTO S910は、測定できる場所、自由度が、格段に広がることがお分かりいただけると思います。

s_s910_keyvisual_ptp_v2

 

※ DISTO S910 以外の製品で測定する場合
横幅は、「写真を使った測定」、高さは、「高さトラッキング機能 または ハイトプロファイル機能」で測定することをお奨めします。

ピタゴラス測定は誤差が大きいため、業務に耐えうる精度がでません。詳しくは、「レーザー距離計のピタゴラス測定、理想と現実…」をご覧ください。

 

なぜ、DISTO S910はそんなことができるの?理由は?

DISTO S910には、距離測定モジュールと、2つ角度センサーが内蔵されています。

  • 距離を測るモジュール
  • 鉛直角(縦方向)のセンサー (-40°~80°)
  • 水平角(横方向)のセンサー (360°)

leicas910_21

距離、鉛直角、水平角の3つが分かれば、”座標” が算出できます。3次元空間で、縦、横、奥行きの位置を数値化する方法で、XYZ = (0, 0, 0) と表現されます。

3次元座標 xyz

 

1点目を(0, 0, 0)とした場合、次の点が横に1m移動した場合は、(1, 0, 0)、さらに高さが1.5m上にいった場合は、(1, 0, 1.5)ですね。

 

 

従来のレーザー距離計は、距離と鉛直角(傾斜角)センサーが搭載されたものが、最上位機種でした。DISTO S910は単純に言うと、その最上位機種に “水平角センサー” が加わったモデル、ということになります。

tt-027_02

 

光波やトータルステーションをご存知の方にとっては、説明するまでもありません。やっていることは同じです。ただし、精度が異なります。S910の精度は、10mで±10mmです。

 

「トランシット / セオドライト」と呼ばれるものは、距離、鉛直角、水平角のうち、距離測定機能がないものを言います。

 

 

 

DISTO S910 は、概算でいいから簡単に2点間の距離を知りたい、3次元測定をしたい!という方向けの製品です。”座標情報を使って値を算出する” ということを実現するために、最新テクノロジーと画期的なアイディアが結集した製品です。

こちらの記事に詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

動画にちらっと出てくる横文字の解説 【前編】 ~ レーザー距離計 DISTO S910 ~

 

使い方は?

三脚、アダプターがセットになったDISTO S910 パッケージをお奨めします。

レーザー距離計 DISTO S910_EXTERIOR_PACKAGE

2点間測定の方法は、動画をご覧ください。

他にも、点で囲まれた面積、測定結果をDXF形式で保存・出力、などの機能があります。下記の動画集も合わせてご覧ください。

レーザー距離計 DISTO S910 の使い方動画集