3D Disto

3D Distoの使用事例 ~室内リフォーム~

ライカの3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoの使用事例をご紹介いたします。暖炉の外観をリフォームするために、現在の寸法を3D Distoで測定し、そのデータを使ってCADで設計、CNCによる材料の切断を行っています。

一連のワークフローを撮影した動画をご覧ください。オフセットルーラーや、ターゲットプレーをうまく使い、測定を行っています。

測定から完成までの手順はとてもシンプルです。

  1. Leica 3D Distoで測定
  2. dxfファイル出力&デザインワーク
  3. CNCで裁断

関連記事

  1. 3D Disto

    リニューアル版 V5.0の発売!3次元測定器 Leica 3D Disto その2

    前回の記事『リニューアル版 V5.0の発売! 3次元レーザー測定器 L…

  2. ユーザー事例

    NETIS登録済!コンクリート打込み管理システム

    コンクリートの大切さ普段何気なく出入りしているビルや商…

  3. 3D Disto

    リノベーションの現地調査 ~3D Disto編 その1~

    改装 / リノベーション時の現地調査に役立つ3次元レーザー測定器 「L…

  4. 3D Disto

    リニューアル版 V5.0の発売!3次元測定器 Leica 3D Disto その1

    レーザー距離計 Leica DISTO (ライカ ディスト) シリーズ…

  5. 3D Disto

    ターゲットプレート Leica GZM3

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910、および3D Disto用…

  6. 3D Disto

    富国物産(株)のサイディング プレカットシステム、導入実績が増えています!

    以前、3D Distoの使用事例として紹介した、富国物産株式会社のサイ…

人気記事 Top 5

特設ページ

●●

PAGE TOP