3D Distoの使用事例 ~室内リフォーム~

ライカの3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoの使用事例をご紹介いたします。暖炉の外観をリフォームするために、現在の寸法を3D Distoで測定し、そのデータを使ってCADで設計、CNCによる材料の切断を行っています。

一連のワークフローを撮影した動画をご覧ください。オフセットルーラーや、ターゲットプレーをうまく使い、測定を行っています。

測定から完成までの手順はとてもシンプルです。

  1. Leica 3D Distoで測定
  2. dxfファイル出力&デザインワーク
  3. CNCで裁断