3Dビューを見ながら測定!Leica 3D Disto: V4.0 その1

3次元測定を、3次元の画面で見ながら測定する。

一見すると当たり前のように聞こえるこのことが、レーザー測定器Leica 3D Distoでようやく可能になりました。発売当初よりユーザーから強く望まれていたこの機能が、満を持してリリースです!

上の画像は、アーチ天井の測定結果を斜め上から見た図です。まるで、CADソフトでデータを見ているようです。画面左下の箱のようなビューキューブを使うと、データの向きを変えたり、回転させたりすることができます。

3DD_navigation cube

 

さらに、画面下の6つのアイコンを活用すると、自在にデータを動かすことができます。
左から順に説明します。

3D Disto_navigation key
・選択した範囲を拡大する
・拡大 / 縮小
・全体像を画面の中心に移動する
・測定データを上下左右に移動する
・測定データを回転させる
・遠近図にする

 

タッチスクリーンのデバイスをお使いなら、上記のナビゲーションツールを使わなくても、指で図をすばやく調整することができます。

3D Disto_touch screen

これらのパワフルな3Dビュー機能については、Windowsタブレットを使った臨場感あふれる動画でご覧ください。

 

これまでの方法

以前は、3次元で見ることができなかったため、”展開ボタン”を駆使してデータの確認を行っていました。

例えば会議室を測定する際、天井の角をまず測定します。すると下記図の左のように、上から見た図(平面図 / 鳥瞰図)が画面に表示されます。壁面の測定状況を見たい場合は、見たい壁をまず選択し、展開ボタンを押すと、右側のように表示されていました。4面ある場合は、一旦平面図に戻り、壁を選択、展開ボタンを押して確認後、平面図に戻る、という作業を4回繰り返す必要があります。

上記のようなシンプルなデータであればいいですが、窓やコンセントの位置があったり、天井に段差がある部屋だったり、広い現場で部屋がいくつもある場合だったりすると、全体を俯瞰して、測定し忘れたところがないか、確認したいですよね?

これからは、できます!以前よりも分かりやすく、そして簡易に。

 

新ソフトウェアのアップデート方法

既に3D DistoをWindowsデバイスでお使いの方は、myWorldよりソフトウェア V4.0をダウンロードしてください。インストール方法の動画もご用意しています。

下記の付属コントローラをお使いの方、残念ながら、このソフトウェアは、WindowsベースのPCおよびタブレットPCでのみ動作します。付属コントローラにはインストールできません…!こちらには、パワフルな3Dビューを実現するだけのパワーがないのです….。これを機会に、お手持ちのPCをお使いになるか、タブレットPCを導入なさるのはいかがでしょうか?画面も大きく、操作性が上がります。ぜひご検討ください。

 

Leica 3D Disto Projector setout screen1 en

Windows®デバイス要件:

OS Windows® 7 以上
推奨スクリーン解像度 1000 × 680 ピクセル以上 、デスクトップ、または、タッチスクリーン
WLAN / データ 通信 WLAN-USBスティック使用

詳細は、弊社HPの製品情報タブをご覧ください。

3D_DISTO_WINDOWS_TESTIMONIAL_KITCHENBUILDER_04

 

これからご購入される方

この大幅アップデートを機に、付属コントローラなしの”Windows版パッケージ”を新たに発売します。今後は、こちらが主流になります。Windowsデバイスは、お客様ご自身で用途に応じたものをご用意ください。

Leica 3D Disto Windows scope of delivery

まとめ

3次元測定を、3次元の画面で見ながら測定する。
このシンプルなことを実現する機器が、Leica 3D Distoです。

 

レーザー測定器 Leica 3D Disto: V4.0 その2 も、ぜひ続けてご覧ください。