S910

カーブや傾斜のある場所でも、測定できます!

「カーブの形状、うまく測れる方法ないかな?」
「平らじゃないことが多くて、距離を測るのに困るんだよね…」

現場で測定なさる方から、よく聞かれる声です。

ライカのハンディタイプレーザー距離計の中で、唯一3次元測定ができる DISTO S910は、斜面に沿って測っていくと、1点1点がXYZの座標情報を持った点として記録され、測定結果はCAD図面形式のDXFでPCへ出力できます。

下記は、測定したものが、そのままデータになるイメージです。

disto_s910_dxf

この機能を使って、スロープのある場所を測ってみました。下記動画をご覧ください。

場所: 屋外(晴天・日中)
使用機種: DISTO S910 パッケージ
使用機能: DXFモード

(Visited 176 times, 1 visits today)

関連記事

  1. S910

    動画にちらっと出てくる横文字の解説 【後編】 ~ Leica DISTO S910 ~

    レーザー距離計 Leica DISTO S910 (ライカ ディスト …

  2. D810 touch

    測距時のブレを抑える方法: タッチスクリーン、タイマー

    10年以上に渡り、多い問い合わせとして、「ボタン操作時に、レーザーが動…

  3. S910

    DISTO S910の使用事例 ~屋根の測定~

    ライカ レーザー距離計 DISTO S910を実際に使っているユーザー…

  4. D810 touch

    Leica DISTO パッケージ

    レーザー距離計 DISTO D810 touch と DISTO S9…

特設ページ

●●

人気記事 Top 5

PAGE TOP