梅雨間近!雨にぬれても測定できます。

沖縄、奄美諸島はすでに梅雨入りし、関東圏もあと2週間を待つばかりです。お天気 . com

この時期にお問合せが増えるのが、「防水」性能付きのモデル、レーザー距離計 Leica DISTO D510 と Leica DISTO X310。

DISTOシリーズの中では、この2機種が水に強く、雨の中で使ったり、水で洗ったりすることができます。

レーザー距離計 Leica DISTO D510のイメージ動画では、後半(1:08あたりから)に雨の中で測定している様子が出てきます。

水に強いと、どんなメリットがあるかというと、

  • 水がかかっても、壊れる心配がいらない
  • 雨天の日や急な雨の中でも測定できるため、仕事が進む
  • 汚れたら、サッと水洗いできる

 

「防水」性能の規格

日頃、私たちは「防水」という言葉を使いますが、この「防水」度合いは人によって違います。どれだけ水に強いかということを表すために、世界で統一された規格があります。

  • IEC規格 60529

これを翻訳したのが、JIS規格(日本工業規格)で、こちら。

  • JIS規格 C 0920, 電気機械器具の外郭による保護等級

通称、IPコードと呼んでおり、IP○○というように、○○の部分に数字が入ります。下記のように表記し、数字が大きいほど、保護度合が強いです。

第二特性数字(後ろに書かれた数字)が、水に対する耐性を表します。

 

iPhone7は、IP67

現在発売中のiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、IP67だそうです。これは、水深1mで30分間おいても水が入らない、という試験をクリアしていますので、かなりの耐水性能です。

Apple (日本) 公式サイト

 

DISTOは、IP65 / IP54

レーザー距離計 Leica DISTO シリーズは、IP65とIP54です。

IP65の2機種 Leica DISTO D510とX310は、簡単に言うと、

  • あらゆる方向からジェット噴流をかけても水が入らない

というテストをしています。“あらゆる方向から” なので、本体裏側にある電池部分の保護は大切です。ゴムパッキンでしっかり覆われています。

レーザー距離計 Leica DISTO X310のイメージ動画は、水たまりや泥がある工事現場での使用を想定したものになっています。ご覧ください。

その他の5機種は、

  • 台の上に置いた製品に、飛まつ程度の水をかける

というテストです。本体に水滴が付く、少しぬれた手で操作する程度は大丈夫ですが、完全に水が入らないようになっているわけではありません。ご注意ください。

規格の詳細についてご興味のある方は、下記記事および、日本工業標準調査会ウェブサイトをご覧ください。

レーザー距離計は防水? : IPコードの解説

リニューアル版 V5.0の発売!3次元測定器 Leica 3D Disto その2

前回の記事『リニューアル版 V5.0の発売! 3次元レーザー測定器 Leica 3D Disto その1』で、アップデート概要を説明しました。

今回は、V5.0から新たに導入される『CCP』というサポートプログラムについて解説します。

CCPとは、Customer Care Packageの頭文字をとったもので、ソフトウェアやハードウェアメンテナンスのための、有償アフターサービスプログラムです。

CCP には、5段階のランクがあり、製品ごとに、どのCCPを適用するかが定められています。

3次元レーザー測定器 Leica 3D Distoは、『Basic CCP』が適用されます。

『Basic CCP』の内容は、ソフトウェア・アップデートが適用期間中に何度でも実施できるというものです。

適用期間は、

  • 1年
  • 2年
  • 3年

の中から選んでいただくことになります。詳しくは、弊社HPをご覧ください。

既に、3D Distoをご使用いただいている方が、V5.0にアップデートする場合は、この『Basic CCP』へのご加入が必要です。

 

既に3D Distoをご使用中の方

3D Disto Windows版4.0をご使用の方

V5.0へのアップデートには、『Basic CCP』へご加入ください。任意加入で、期間は選択いただけます。

3D Disto Windows版V3.0をご使用の方

V3.0からV4.0へのアップデートは、無償でご利用いただけます。アップデート方法は、弊社までお問い合わせください。
V5.0へのアップデートには、『Basic CCP』へご加入ください。

3D Disto コントローラ版をご使用の方

コントローラ版のアップデートは、V3.0まで無償でご利用いただけます。アップデート方法は、弊社までお問い合わせください。

Windows 端末をご使用になりたい場合は、myWorldより専用ソフトウェアV4.0をダウンロードし、ご利用ください。

 

これから3D Distoをご購入される方

今回リリースしたV5.0版か、旧版かを選択いただくことになります。

リニューアル版 V5.0

レーザー測定器3D Distoの内蔵WiFiが新しくなり、以前よりWiFi接続の安定性が高まります。Windows 8.1/10でも、USBなしで接続可能です。

旧版

ハードウェアは従来通りですが、ソフトウェアはV5.0をご使用いただけます。リニューアル版リリースに伴い、価格も下がっております。

ケーブル接続でも良い方、WiFi用のUSBを付けての使用で構わない方は、こちらをお奨めします。詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

新旧ソフトウェアの互換性は、下記表をご参考になさってください。

 

 

リニューアル版 V5.0の発売!3次元測定器 Leica 3D Disto その1

レーザー距離計 Leica DISTO (ライカ ディスト) シリーズ最高峰の Leica 3D Disto。自動で水平をとり、WindowsタブレットやPCで操作する3次元レーザー測定器です。

誰でも手軽に3D測定ができるツールとして、図面作成のための現地調査や、製造業の開発部門、品質管理部門での工程内検査や完成検査などで使われています。

Windows端末と機器は、WiFiを使って接続していますが、この内蔵WiFiが新しくなったのが、今回発売するV5.0です。

では、詳しく見ていきましょう。

 

ハードウェア(内蔵WiFi) のアップデート

今回のアップデートの目玉は、Leica 3D Distoに内蔵されいてるWiFiモジュールが最新版にアップデートされたことです。

3D Distoは、2012年に発売されて以来、ソフトウェアのアップデートはありましたが、ハードウェアは変わっていませんでした。

しかしその間、Windows 端末、WiFiテクノロジーが発達し、規格が合わなくなってきたという現状がありました。

ケーブル接続もできますが、WiFiでPCと3D Distoを接続すれば、自在に測定場所へ移動できます。細かい場所や遠い場所でも、レーザーの近くに寄ることができますので、大変有効です。

Windows 8.1 / 10 ご使用の場合はこれまで、USBを付けてWiFi接続をしていましたが、このUSBが不要になります。

そして、これまで以上に短時間で接続が確立し、安定性が高まります。

 icon-bookmark ポイント

・ WiFi接続が短時間で確実になる!
・ USBが不要になる!

実際に、つないで試してみたところ….やっぱり早いです!追って、新ソフトウェアでの測定記事もアップロードしていきます。

 

ソフトウェアのアップデート

3次元レーザー測定器 3D DIsto 本体(ハードウェア)のリニューアルに合わせ、ソフトウェアも少しアップデートします。

 

1) WLAN接続ポップアップの改訂

レーザー測定器 3D DistoとWindowsをつないで、まず現れるのがこのポップアップです。接続できる3D Distoが一目瞭然でわかります。

複数台お使いの場合も、どの機器と接続するのか、選択しやすくなります。

ケーブル接続する場合は、画面下のUSBマーク、途中で接続を中断する場合は、×マークと、同じ画面で選択できます。

 

2) CADツールボタン新設

これまでは、線や点の上を “長押し” して呼び出していたCADツール。知っていれば、見えない点を作成するときに便利な機能なんですが、”長押し” で、かつ 「垂直交差」など、”聞きなれない表現での説明”という点が分かりづらく、ご存じない方もいらっしゃいました。

けれども!今回、画面右側にCADツールボタンができましたので、画面をいじっていると必ず目に入ります。

「何かな?」と思って押してみると、下記のようなアイコンポップアップが出ますので、補助ツールとして多くの方に活用いただけるようになるはずです!

左上から順に説明すると、

  • 直径を入力して円にする機能
  • 対角を測定し、長方形にする機能
  • 2つの線分を延長し、交差する点を作る機能
  • 線を延長する機能

2段目は、

  • 点を移動する機能
  • 1つの線分と点から垂直の線を描く機能

※ CADツールは、あくまでもソフトウェア(データ)上で点や線を作る機能です。出力データには残りますが、作成した点をレーザー照射することはできません。

 

3) 写真の表示

測定箇所の写真を撮った場合、下記のように画面にも写真が入ります。画期的ですね!

測定した後に写真を撮った場合は、写真の中に測点番号が入ります。出力データの測定点と同じ番号なので、「この写真はどこ?」という心配もありません。

 

4) ファイルとフォルダ名の表示

マイナーチェンジですが、ソフトウェアの上にファイル名とフォルダ名が表示されます。作業中のファイル名を知りたいとき、画面の左上を見てみてください。

 

5) シャットダウンボタンの改訂

ソフトウェアの終了とともに、3次元レーザー測定器 3D Distoの電源もオフにすることができるようになります。

「ソフトウェアから、3D Distoを終了させれませんか?」というお問合せを時々いただいていました。

離れた場所にあるときや、手の届かない場所に設置した際、本体のボタンを押さないと電源が切れない、という状況はこれで解決します。

 

Windows デバイス要件

推奨されるWindows端末の要件は、下記の通りです。

  • OS:  Windows® 7 以上
  • 推奨スクリーン解像度: 1000 × 680 ピクセル以上

詳細は、弊社HPをご覧ください。

 

まとめ

今回のアップデートで、最大のポイントは、

  • 内蔵WiFiが新しくなり、接続の安定性が高まったこと!

です。実際に使ってみて分かることですので、なかなかイメージしづらいかもしれませんが、大きな違いです。

ケーブル接続でもいいんですが…という方は、旧版がお求めやすい価格になっていますので、ぜひ弊社までお問い合わせください。

 

レーザー距離計で、日焼け対策?!

5月になり、暖かく晴れが日が多くなってきました。弊社ではそのタイミングに合わせて、

「外で測定したい」
「(持っている距離計は) 屋外で見えず、使えない…」

という問い合わせが、4月頃から増えてきています。

紫外線が徐々に高まってきますので、外での作業は短時間で終わらせたいものです。

ご存知かもしれませんが、レーザー距離計をオンにした時に出る、”赤いレーザードット” は、外では見えません。

そのため、外で測る仕事がある方には、画面モニターの様に測定物が見える”カラーファインダー” 搭載モデルのご使用をおすすめしています。

詳しくは、『レーザー距離計は、外で使えない!と思っている方へ』で解説していますので、ぜひご覧ください。

「そうはいっても、何とかなりませんか?」
「少しは、見えるんじゃないですか?」

とお思いになるかもしれません。
レーザー距離計をお持ちの方は、ぜひ外へ持って行って試してみてください。

初めて購入をお考えの方は、下記写真をご覧ください。
晴れた日の日中、50~60cm離れた所からアスファルトに向かってレーザーを当てた写真です。

どこに当たっているか分かりますか?

写真の中央に、薄い赤い点があるのですが、ほとんど認識できません。1m以下でもこのような状況です。

誤解がないように記すと、「測定できないのではなく、どこに当たっているか分からない」ということです。

「どこを測っているか不明なため、測れない!使えない!」ということになるんです。変な所にレーザーが当たっていると、エラーになり測れませんので…

曇りの日や夕方は、レーザードットが見えます。その場合は、外でも測定できます。

時間の融通が利く方はいいですが、多くの場合、天候や時間によって制限があると、仕事にならないものです。

そのため、機種選定のお問合せを頂いた際は、まず何よりも先に、「外で測定作業をするかどうか」をお聞きしています。


測定作業にメジャーをお使いの場合、2人がかりで測ったり、時には高所作業車などを使ったりなど、時間・労力・お金が必要になります。

外での作業時間が長ければ長いほど、紫外線を浴びることになりますので、対策をされていない方には体にも良くないです。

レーザー距離計でピッと測って、短時間で作業を終えましょう!

屋外・屋内兼用モデルのスタンダード『Leica DISTO D510』の解説付きイメージ動画に、外で使っている様子が分かりやすく紹介されています。ご覧ください。

ファインダーは、2種類あります。

  • デジタル ポイント ファインダー (ライカ採用)
  • 光学ファインダー

ライカ のレーザー距離計 DISTO (ディスト)シリーズが採用している「デジタル ポイント ファインダー」と、他社製の「光学ファインダー」には、雲泥の差があります。

ご検討の際には、下記もご参考になさってください。

光学ファインダー、デジタルファインダーの違い

DISTOで1時間以上の自動測定モニタリング

Bluetooth付きのレーザー距離計 「Leica DISTO」(ライカ ディスト)は、一定間隔で自動測定した測定値を、Windows タブレットやPCに取込めます。

「3秒おきに40~50分間、連続でExcelに転送し続けられますか?」

というお問合せがありましたので、実際に試してみたところ、1時間以上、連続で測定できました。今回は、その手順をご案内いたします。

必要なもの

  1. Windows 8.1以上のタブレットまたはPC
  2. 専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」
  3. Bluetooth付きレーザー距離計 Leica DISTO
    (DISTO D1 / D110 / D2 / D810 / S910 のいずれか)
    ※DISTO D510 は本機能が使えません。ご注意ください。

専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」のダウンロードは、こちらからどうぞ。

 

手順

あらかじめ、ご使用のWindows タブレット/PCに、専用ソフトウェア「DISTO transfer Bluetooth版」をインストールしておいてください。

1.まずは、レーザー距離計とWidnowsタブレットを、Bluetoothでつなぎます。

レーザー距離計の電源を入れ、”Bluetooth デバイスの表示” を開いてください。

初回のみ、ペアリング設定を行ってください。動画でも手順を解説しておりますので、ご覧ください。

 

2.次に、ソフトウェアを起動し、自動測定の設定を行います。

起動後、ソフトウェアの拡大ボタンを押すと、画面サイズが変わり、複数のタブが表示されます。

その中の「Function」タブを選択し、ボックスにチェックを入れ、希望の測定間隔に設定します。今回は、3秒とします。

 

3.自動測定開始

チェックボックスにチェックを入れると同時に、自動測定が始まっています。「Measurement Record」に、測定結果が記録されていきます。

このまま、希望の時間まで待ちます。
10:09に開始しました。

約1時間後….

11:08の記録が残っています。

画面右下の「Run Excel」を押すと、全記録がExcelで入手できます。

※リアルタイムで、Excelへ転送したい場合

あらかじめExcelを起動しておき、その後、自動測定の設定を行います。設定後は、Excelの転送したい場所をクリックすると、データが入ってきます。

下記動画をご覧ください。

 

レーザー距離計の選び方、お困りではありませんか?このブログでは、あなたにピッタリの機種選定の方法や、比較、使い方をはじめ、お問合せ内容への回答や、機能の特長などを、動画とイラストを交えてわかりやすくお伝えしています。